ヘッジファンドNewsHedgefund News

Tポイントのデータをヘッジファンドに提供

経済調査会社のナウキャストが、Tポイント会員の購買データを利用して上場企業の売上高予想を行い、ヘッジファンドなどに提供すると、ブルームバーグが報じた。

Tカードは現在、1年間に利用した会員(重複保有を除く)の数が約6500万人、日本人の2人に1人が利用している計算になり、国内の年間民間消費支出の約2%に相当する7兆円のデータを蓄積している。

ナウキャストはTポイントプログラムを運営するCCCマーケティングの購買データを機械学習モデルで解析し、四半期のうち1カ月が経過した時点で期中予想を出し、四半期終了後2週間で速報値、さらに1週間後に最終予想を提供する。この方法により、企業や証券アナリストの業績予想よりも格段に早く見通しを示せるという。

ナウキャストの顧客には、世界的なヘッジファンド数社が含まれるとされている。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:日本経済新聞
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ワールドビジネスサテライト
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。