ヘッジファンドNewsHedgefund News

パリのファンド、株式ロング・ショート戦略の復活を予言

拠点をパリに持つヘッジファンド、シルバータイムパートナーズが好調な運用成績を記録していると、ブルームバーグが報じている。

 シルバータイムパートナーズは、パリを拠点にするクオンツ運用のヘッジファンドで、2つの新たなヘッジファンドが2月23日現在それぞれ2.3%と1.4%のプラスの運用成績を記録。そのときストックス欧州600指数は2.1%の下落だった。
同社は昨年12月に、株式ロング・ショート戦略の復活を予言。シルバータイムパートナーズの創業パートナー、ロマン・ステファン氏はブルームバーグのインタビューで、「大型、中型株に対し、長期間の弱気トレンドが続くと予想し、それは今年の第一四半期も続いた」と述べた。「多くのETFがあり、パッシブ投資に対する限界を投資家は気付かされた」とも語っている。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:Harvard Business Review
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:Newsweek
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。