ヘッジファンドNewsHedgefund News

ヘッジファンドが広告会社の株空売りで巨額の利益

世界的に広告業界が苦しい状態になり、近い将来の下落を見越してヘッジファンドが大手広告会社の株を30億ドル以上持ち越していると、フィナンシャルタイムズが報じている。

世界第1位の広告代理店グループ、英国のWPPグループは株価が下落し3年来の安値となり、年初からも10%の下落となった。そのような動きを見越していたヘッジファンドは総額9億2000万ポンド、日本円にして約1360億円の貸株を受けて空売りし、巨額の利益を挙げていると、英国の調査会社HISが明らかにしている。

ほかにもアメリカのオムニコム・グループの22億ドル相当、インターパブリックの株4億2600万ドル相当なども空売りしているという。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:Harvard Business Review
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:Newsweek
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。