ヘッジファンドNewsHedgefund News

若き仮想通貨マネジャーが新境地へ

仮想通貨のヘッジファンド、パンテラ・キャピタルで活躍したチャールズ・ノイズ氏は、19歳になりパンテラを去ると、ブルームバーグが報じた。2011年にノイズ氏はビットコインのマイニングを開始。インターンとしてパンテラに入ったノイズ氏はアナリストになり、それからプリンシパルに昇進していた。
ノイズ氏は仮想通貨交換業者のコインベースを共同で創業したフレッド・エアサム氏とベンチャーキャピタル企業セコイア・キャピタルのパートナーを務めたマット・ホアン氏のラブコールを受け、パートナーとして新しいデジタル通貨ファンドの始動を支えるという。
新しいデジタル通貨ファンドは仮想通貨や新しいブロックチェーン、仮想通貨交換業に絞った初期段階のプロジェクトに投資するという。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:Harvard Business Review
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:Newsweek
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。