ヘッジファンドNewsHedgefund News

サブプライムショックを当てたヘッジファンドマネージャーがパッシブ運用に警告

サイオン・アセット・マネジメントのマイケル・バーリ氏は、パッシブ投資に対して、サブプライム・ローンと同じくバブルを作り出す可能性があると警告を発した。

パッシブ投資により、株式市場からの価格発見機能がなくなり、一部の株式が自動的に過大評価されるようになっている。そのためインデックス資金の流入への投資資本の流れは、CDの大量購入によりサブプライム住宅ローンの価格がゆがめられたように、株式および債券の価格がバブル状態に陥ると述べている。

現在彼のヘッジファンドではパッシブ運用のファンドにあまり組み込まれない小型のバリュー株を中心に投資しているという。

マイケル・バーリ氏は、マイケル・ルイス原作の映画化された『世紀のカラ売り~世界経済の破綻にかけた男たち』にて最初にサブプライム・ローンの破綻を予想した人物として紹介されている。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:Harvard Business Review
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。