ヘッジファンドNewsHedgefund News

Man社のジョナサン・ソレル氏が社長兼常務取締役を辞任すると発表

英国上場の大手ヘッジファンド会社マン・グループは、ジョナサン・ソレル氏が社長兼常務取締役を辞任すると発表した。
声明によると2011年に最高財務責任者として入社して以来、Man Groupで働いていたソレル氏は社外で新しい役割を担うことになると説明している。
ソレル氏はMan社で働く前、ゴールドマンサックスのマネージングディレクターを務めており、ロンドンとニューヨークで13年間働いていた。

マンの最高経営責任者であるルーク・エリス氏は、次のようにコメントした。「ジョンは、過去8年間、最初にCFOとして、次に社長として会社に多大な貢献をしました。彼の多くの業績の中で、ジョンはビジネスにとって特に困難な時期に会社のコストベースを管理するために尽力し、今日の強力で回復力のある会社の設立を支援しました。」
7月31日に発表された収益では、Man Groupは6月30日までの半年の税引前利益が前年比22%増の1 億1,000万ドルであったと報告している。同社は約1,150億ドルの資産を管理している。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:Harvard Business Review
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。