ヘッジファンドNewsHedgefund News

米ヘッジファンドと韓国政府の訴訟は常設仲裁裁判所での仲裁へ

米ヘッジファンドMason Capital LPとMason Management LLCは2018年に、国家間の商業紛争を解決するハーグに拠点を置く常設仲裁裁判所(Permanent Court of Arbitration)と韓国国内裁判所の両方で訴訟を起こした。

ロイターの報道によると、米ヘッジファンドのメイソンは、韓国の訴訟で、2015年にサムスン物産と第一毛織の80億ドル規模の合併を承認した国民年金(NPS)の決定に政府が介入し、投資家が損害を被ったと主張した。

この合併は、韓国の政治家や実業家らによる汚職スキャンダルの中心となり、朴槿恵元大統領の弾劾や、サムスングループの後継者であるジェイ・リー氏の逮捕につながったとされている。

この訴訟に関してPCAは、10月2~4日にニューヨークで開かれる公聴会を監督すると発表した。発表によると聴聞は、秘密の情報を保護するため必要な場合を除き、公開して行われる。公聴会への直接アクセスはできないものの、公開を希望する一般市民は、事前に申請することで、指定された傍聴室で生中継を閲覧することができる。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:Harvard Business Review
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。