ヘッジファンドNewsHedgefund News

米国のヘッジファンドへの投資条件が緩和される可能性

Bloombergの報道によるとヘッジファンドやプライベートエクイティ等に投資可能となる適格投資家の制限が近々、大幅に変更される可能性があるとのことだ。この変更により、どのくらいの投資家が適格投資家としてヘッジファンドに投資できるかは分からないが、今までより多くの投資家が投資できるようになる可能性は残されている。

 アメリカでは通常ヘッジファンドに投資するには適格投資家(accredited investors)か洗練された投資家(sophisticated investors)または適格購入者(qualified purchaser)であることが求められる。
 現在でも適格投資家の範囲は広く、銀行、保険会社などの機関投資家や住宅を除く純資産が個人又は夫婦合算で100万ドル超の者、直近2年の年収がそれぞれ20万ドルを超える個人など幅広く定義されている。適格購入者とは一般的には500万ドル(5億円)以上の投資を有する個人のことを指す。
 また資産要件の他に洗練された投資家とは財務及び事業に関して知識と経験を有し、投資の価値とリスクを評価する能力のある者も投資を許されている。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。