ヘッジファンドNewsHedgefund News

2019年ヘッジファンドの戦略別資金フロー

 Evestment社のデータによるとヘッジファンドの運用残高は2018年末にUSD3189Billion(約350兆円)であったものが、2019年10月にはUSD 3261 Billion(約358兆円)へと8兆円分増加している。しかし資金フローで見てみると流入より流出のほうが多く、差し引きでUSD88 Billion(約9.5兆円)の資金が解約・償還されている。2019年10月にヘッジファンドから推定62億ドル(約6800億円)を買い戻したが、これは8カ月連続の流出だった。資産の増加分に解約分を足したUSD160Billion(約17兆円)が運用により稼いだ金額となる。

 2019年のヘッジファンドの中で1年を通して流出が多かったのは株式ロングショート戦略のUSD40Billion(約4.3兆円)、次にグローバルマクロ戦略のUSD23Billion(約2.5兆円)となっている。株式ロングショート戦略は10月までの年初来リターンは9.9%プラス、グローバルマクロ戦略は5.24%プラスであったため、資金流出分は、運用成績により補うことができているようだ。

 ただ少し詳しく見てみるとすべてのファンドが売られているわけではないようだ。運用残高が1000億円以上あるファンドのうち、2018年の成績がマイナスのヘッジファンドからはUSD120Billion流出し、成績が0から5%であったヘッジファンドからはUSD2Billion流出していた。反対に運用残高が1000億円以上あるファンドのうち、5%以上リターンが出ていたヘッジファンドにはUSD62Billion流入していた。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:Harvard Business Review
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。