ヘッジファンドNewsHedgefund News

ヘッジファンドのアナリストの年収は?

 ヘッジファンドのアナリストの年収は、アメリカのペイスケール社のデータによると初めは9万ドル前後からスタートし、5年目くらいに10万ドルになり、10年目から19年目の間で平均14万ドルくらいまで上昇し、20年目以降は20万ドル以上まで上がるのが平均のようだ。

 またサムゼロ社が2017年に実施した調査によると、ヘッジファンドのマネーマネージャーの年収は平均約35万ドルで、業界での長年の経験を積み重ねるにつれ、報酬の幅が大幅に広がっている。この調査によると、20年から25年の経験を持つ人の平均給与は26万ドルから70.5万ドルだという。

 2017年のアメリカの労働統計局のデータではファンドマネージャーの平均賃金を143,530ドルと報告している。

 多くのヘッジファンドのマネージャーは、投資銀行等の金融業界で経験を積み、その後ヘッジファンドのアナリストとして転職することが多いようだ。そこでヘッジファンドのアナリストとして、分析業務に携わり、経験や人脈を積み上げることで、ヘッジファンド・マネージャーとして管理職に昇格することができる。

 このため、ヘッジファンドのアナリストの1年目から5年目の年収が9万ドルと高いのは、社会人経験のある即戦力のみが就職できるためと思われる。

 また、近年のヘッジファンドのアナリストは、高額の年収を受け取るためには、以前のような個別銘柄の訪問、分析だけでなく、機械学習、人工知能、ロボット工学などの新しいテクノロジーの導入から運用、管理、そしてリスク測定などの能力が求めらる。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。