ヘッジファンドNewsHedgefund News

ヘッジファンドのポジショントップ15 2019年最新版

 米国のヘッジファンドは、3か月ごとに米国株式のポジションを開示しないといけないとい規則がある。

 これは提出する書類に基づいてフォーム13Fと呼ばれる。Form13Fでは、1億ドル以上の資産を運用している機関投資家のうち、米国に長期保有している機関投資家を対象に、ポジション・レベルでの情報開示を行っている。運用会社のポートフォリオに含まれる米国上場のETFを含むすべての持分証券が含まれ、株式数、ティッカー、発行者名などに従って詳細に記載される。 ただし ショートポジションは開示する必要はなく、報告されない。フォーム13Fは,暦四半期の末日から45日以内に提出することが求められる。

 現在3兆円以上の運用残高のあるヘッジファンドはどのような銘柄に投資しているのだろうか。アメリカのキプリンジャー社が400社以上のヘッジファンドのポジションを合計して出したランキングを見てみよう。データは最新の2019年9月30日付のものとなる。

1. Microsoft
2. Apple
3. Amazon.com
4. Facebook
5. Visa
6. Alphabet
7. JPMorgan Chase
8. Bank of America
9. UnitedHealth Group
10. Mastercard
11. Wells Fargo
12. Comcast
13. Netflix
14. Coca-Cola
15. Salesforce.com

 上位にはマイクロソフト、アップル、アマゾン、フェースブック等有名どころが並んでいる。実はヘッジファンドは優良なブルーチップ銘柄を好んで投資する傾向がある。

 次に有名ヘッジファンドのポジションを見ていこう。

◆ルネッサンステクノロジー(ジム・シモンズ)のポジショントップ5と投資割合


1.Bristol Myers Squibb Co(1.40%)
2.Chipotle Mexican Grill Inc(1.36%)
3.Verisign Inc(1.32%)
4.Celgene Corp(1.30%)
5.Novo Nordisk A S(1.08%)

◆ソロスマネジメント(ジョージ・ソロス)のポジショントップ5と投資割合


1.Liberty Broadband Corp(20.42%)
2.Vici Properties 1 Llc(11.63%)
3.Caesars Entertainment Corp(4.14%)
4.Celgene Corp(3.24%)
5.Alphabet Inc.(2.22%)

◆バークシャーハサウェイ/ウォーレン・バフェットのポジショントップ5と投資割合


1.Apple Inc.(25.96%)
2.Bank Of America Corp(12.59%)
3.Coca Cola Co(10.14%)
4.Wells Fargo & Company(8.89%)
5.American Express Co(8.35%)

ソロスやバークシャーハサウェイのウォーレン・バフェットはかなり集中投資していることが分かる。それに対してルネッサンステクノロジーのジム・シモンズはかなり分散していることが分かる。

上記のデータは、公開されている米国上場株のみのポジション割合である。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。