ヘッジファンドNewsHedgefund News

ヘッジファンド11月は44億5000万ドル以上の資金流入

ヘッジファンド11月は44億5000万ドル以上の資金流入

 イーベストメント・ヘッジファンド・アセットフロー・レポート によると、ヘッジファンドは11月に44億5000万ドル以上流入があった。11月の資産流入とパフォーマンスの上昇により、ヘッジファンド業界全体の総資産は3兆2850億ドルに達し、2018年末の3兆189億ドルから2661億ドル、約8.8%の増加となった。パフォーマンスを除くと2019年は累計で815億3000万ドルの資金流出となり、2018年末資産比で2.6%の資金流出となっている。

戦略別資金流出入状況

 主要ヘッジファンド戦略の中では、ディレクショナル・クレジット・ファンドが11月に25億9000万ドル以上の資金を獲得し、勝者となった。しかし、ディレクショナル・クレジット・ファンドの資産は低金利を背景に減少傾向にあり、年累計の資産フローはマイナス69億9000万ドルであり、12月の資金流入成績によっても好転する可能性は低い。

 イベント・ドリブン戦略ファンドは、ヘッジファンドの主要戦略の中で2019年の大きな資産獲得者になりつつあり、年間累計でプラス150億ドル、11月だけで+16億3000万ドルの資金流入を獲得している。またモーゲージ債戦略は、好調な11月を過ごし、22億8000万ドルの資金を引き寄せ、YTDへの資金流入は97億2000万ドルに達し、12月の大きな混乱がなければ、100億ドルの大台に到達するだろう。

 11月の数字を見ると、株式ロング/ショート戦略は今年の大きな資産流出した戦略となりそうだ。株式ロング/ショート戦略は、11月に投資家の解約がわずか2億9000万ドルだったが、年初来では414億6000万ドルもの流出があった。それでも、総資産は7646億ドルで、株式ロング/ショート戦略は圧倒的な運用残高を誇る運用戦略である。

 マネージド・フューチャーズ(CTA)は、3か月連続の資金流入を続けていたが、11月にはマイナス21.1 億ドルに転じ、年間で累計マイナス86億1000万ドルにとなっている。

 11月には、エマージング・マーケット・ファンドからの解約がわずかに増加したが、それを相殺する新規流入はなかった。この結果、エマージング・マーケット・ファンドは7カ月連続の純流出となった。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。