ヘッジファンドNewsHedgefund News

ヘッジファンドのブレバン・ハワードは2年連続プラスリターンへ

ヘッジファンドのブレバン・ハワードの2019年の成績は8.4%プラス

欧州大手のヘッジファンド、ブレバン・ハワードが2019年の成績が8.4%であることが分かった。これにより復活を印象付けた2018年12.4%に続いて2年連続でプラスとなりそうだ。

ブレバン・ハワードが低迷から復活したきっかけは

一時欧州最大級のヘッジファンドとなったブレバンハワードではあるが、2012年以降運用が低迷し、2013年末に40billionドル(約4.3兆円)あった運用残高は、直近1/5近くまで減っていた。

近年の運用成績回復のきっかけはファンドの運用方針の変更にある。ブルームバーグの報道では、以前は認められていなかった、従業員の独自のファンド運用を認めるようになったことで、運用に多様性が生まれたことに復活の要因があるようだ。シティとJPモルガンで働いていたアルフレド・サイッタ氏の運用する先進国市場の債券で運用するASマクロファンドと、シンガポールを拠点とするミナル・バスワル氏のアジア債券と為替を中心に運用するMBマクロ・ファンド、そして最近になって、金利トレーダーのファッシュ・ゴルチン氏が運用するFGマクロ・ファンドの運用を開始している。2019年10月には共同創業者のアラン・ハワード氏が経営から退き、トレーディングに専念している。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。