ヘッジファンドNewsHedgefund News

ブリッジウォーターの旗艦ファンドが2000年以来のマイナス

レイ・ダリオの2019年の実績はー0.5%

レイ・ダリオが創業した世界最大級のヘッジファンド、ブリッジウォーターアソシエイツの旗艦ファンド、ピュアアルファⅡが、2019年はマイナス0.5%と、2000年以来初めてマイナスになったことが分かった。
大手マクロファンドでは、ブレバンハワード・マスターファンドが昨年8.4%プラスだった。

ブルームバーグの報道によると、ピュアアルファⅡは1991年の開始後、年間で運用成績がマイナスとなったのは昨年で4回目となる。ピュア・アルファIIの成績は運用開始以来、年率11.5%のリターンを上げており、18年は約15%のプラスだった。

Pure Alpha IIは現在、新規資金は受け付けておらず、現在約50億ドルの待機リストがあるとの報道もある。

レイ・ダリオの著書「プリンシパルズ(原則)」は、昨年日本でも発売され、話題となった。

グローバルマクロ戦略とは

グローバルマクロ戦略とは、主要な経済動向や政治情勢を注視し、各国の経済、金利、為替などのマクロ経済指標の予測に基づき、機動的に投資先を変更する戦略である。特徴としては、流動性の高い投資対象に対して、トップダウンで、レバレッジを使っていくことといわれている。有名なグローバル・マクロファンドとして、ジョージ・ソロスのクォンタム・ファンドやジュリア・ロバートソンのタイガー・ファンドが挙げられる。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。