ヘッジファンドNewsHedgefund News

2019年12月投資信託流入ランキング、米株、保守的バランス型、ヘッジファンド型投信に流入継続

 12月の投資信託は2つの新ファンドがランクインした。概要としては米株や海外株式、保守的なバランス型ファンドに資金が流入し、グローバル3倍3分法ファンドから続いているレバレッジ型、ヘッジファンド型投資信託も引き続き好調に推移しているようだ。

ティー・ロウ・プライス 米国成長株式ファンド

 新しくランクインした一つ目は1位を取ったティー・ロウ・プライス 米国成長株式ファンドである。みずほ銀行とみずほ証券が販売するこの投資信託は1か月で1,483億円資金が流入しており、これは12年12月に設定され約2000億円を集めた「日興グラビティ・アメリカズ・ファンド」以来、7年ぶりの高水準の資金流入と考えられる。

 ティー・ロウ・プライスは今年に入り、 米国成長株式ファンドの他、世界厳選成長株式ファンドも5月から運用を開始しており、2019年12月末時点で1632億円の資金流入が有ったと見られる。米国株式の投資信託としては20位にAB・米国成長株投信Bコースもランクインしており、安定的な雇用統計を背景に底堅い値動きを続ける米国株への高い人気がうかがえる。

ひふみワールド+

 二つ目はひふみワールド+である。このファンドは現在日本最大級の投資信託であるひふみ(プラス)投信を運用するレオスキャピタルが、新規に設定した国際株へ投資するファンドである。

ピクテ・グローバル・インカム

 2位のピクテ・グローバル・インカムは1か月で569億円流入し、1年で4262億円の資金流入があった。これは1年決算型と隔月分配型に分かれているグローバル3倍3分法ファンドを合計した5273億円に次いで、トップクラスの資金流入となった。また運用残高も1兆円の大台に乗せ、日本最大級の投資信託へと成長している。

ファンド・マネジャー(海外株式)

 3位のファンド・マネジャー(海外株式)は11位のファンド・マネジャー(国内株式)とともにラップ口座の資金を運用するためのファンド(「ファンド・マネジャー」)を構成するファンドの一つで、運用残高は資産構成を変更するたびに大幅に変更されるようだ。12月に資産構成を積極的に舵を切ったためにランクインしたと思われる。

東京海上・円資産バランスファンド

 7位の7東京海上・円資産バランスファンド(毎月)は、10位の 東京海上・円資産バランスファンド(年1回)とともにランクイン。保守的なポートフォリオで、リスクを抑えた運用が支持を受けているようだ。これは 15位のリスクコントロール世界資産分散ファンドも同様で、リーマンショック後長く続いた上げ相場の中で、高値警戒感から、リスクを抑えたファンドに資金が流入しているようだ。

マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド

 8位には英国のヘッジファンド会社大手、マン社が運用するヘッジファンド型投資信託、マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンドが、16位の ダブル・ブレインとともにランクインした。25位の米国株式シグナルチェンジ戦略ファンドもレバレッジとダイナミックアセットアロケーションを利用しており、ヘッジファンドのように積極的な運用を行っている。

ダイワ・US-REIT

 また一時期分配金の引き下げから資金流出が続いていたリート型の投資信託も12位の ダイワ・US-REIT(毎月決算)B為替H無、13位の ダイワ J-REITオープン(毎月分配型)23位の  フィデリティ・USリートB(H無)24位 ニッセイ 世界リートオープン(毎月決算型)とランクインしている。

運用会社名 月末純資産 1ヶ月 1年
1 ティー・ロウ・プライス 米国成長株式ファンド ティーロウプライス 1,479 1,483 --
2 ピクテ・グローバル・インカム株式(毎月分配) ピクテ投信 10,061 569 4,262
3 ファンド・マネジャー(海外株式) 三菱UFJ国際 513 496 516
4 グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型) 日興アセット 3,600 471 3,397
5 ひふみワールド+ レオス・キャピタル 342 338 --
6 グローバル3倍3分法ファンド(隔月分配型) 日興アセット 1,947 292 1,876
7 東京海上・円資産バランスファンド(毎月) 東京海上アセット 7,237 267 2,288
8 マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド 大和投信 577 246 --
9 インデックスコレクション(国内債券) 三井住友TAM 505 239 271
10 東京海上・円資産バランスファンド(年1回) 東京海上アセット 2,854 236 1,602
11 ファンド・マネジャー(国内株式) 三菱UFJ国際 501 211 469
12 ダイワ・US-REIT(毎月決算)B為替H無 大和投信 5,950 182 715
13 ダイワ J-REITオープン(毎月分配型) 大和投信 3,266 164 1,389
14 AB・米国成長株投信Dコース(H無) 予想分配金 アライアンス・B 3,736 161 811
15 リスクコントロール世界資産分散ファンド アセマネOne 886 159 714
16 ダブル・ブレイン 野村アセット 1,031 139 917
17 インデックスコレクション(国内株式) 三井住友TAM 337 129 130
18 投資のソムリエ アセマネOne 1,724 108 497
19 野村 PIMCO・世界インカム戦略ファンドA 野村アセット 2,365 98 702
20 AB・米国成長株投信Bコース(H無) アライアンス・B 893 97 326
21 次世代通信関連 世界株式戦略ファンド 三井住友TAM 4,667 92 1,672
22 ブルベア・マネー・ポートフォリオV 大和投信 431 91 232
23 フィデリティ・USリートB(H無) フィデリティ投信 6,686 87 97
24 ニッセイ 世界リートオープン(毎月決算型) ニッセイアセット 928 77 721
25 米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド(H無) 三菱UFJ国際 228 71 --
モーニングスター社公表データより作成

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。