ヘッジファンドNewsHedgefund News

 アクティビスト系のヘッジファンドがESG投資を活発化

 チェルーリ・アソシエイツの報告書によると、現在アクティビストヘッジファンドの一部にESG関連の問題を取り上げるヘッジファンドの活動が目立ち始めたと報じている。

 例えば、ジャナ・パートナーズは2018年にCalSTRS(カリフォルニア州教職員退職年金基金)と提携し、アップルの取締役会にiPhone使用が子供たちに及ぼす潜在的な悪影響に対処するよう圧力をかけたという。一方、トリアン・パートナーズはGE、デュポン、ダノンなどの企業に対し、職場の多様性を促進し、サプライヤーの行動規範を採用し、排出量と廃棄物を削減するよう働きかけていると、同レポートは述べている。ロンドンのアクティビスト・ヘッジファンド、TCIファンド・マネジメントは昨年11月、上場企業の取締役に対し、二酸化炭素排出量を公表しない場合は反対票を投じると警告した。

 著名なアクティビストヘッジファンドがESG問題を理解するようになったのは、より多くの機関投資家が環境、社会、ガバナンスの要素を投資プロセスに組み込んでいるためである。チェルーリ・アソシエイツが米国の機関投資家89人を対象に行った調査では、42%が投資の意思決定プロセスにESGを含めていたという。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。