ヘッジファンドNewsHedgefund News

ヘッジファンドのAQRは米国大型株等主要資産の期待リターンの低下を警告

 ヘッジファンドの最大手の一社であるAQRは1月末に「2020主要資産クラスに関する資本市場の推定」を公表した。これは主要な資産クラスの中期(5〜10年)の期待収益率の推定値を出している。

 この中でヘッジファンドのAQRは多くの主要資産クラスの期待リターンの低下を予想している。例えば、株60%、債券40%の伝統的ポートフォリオは今後10年の期待リターンが2.4%と1900年からの長期的な平均リターンである5%と比較すると、半減するだろうと述べている。

 レポートによると、この予想は「積極的な戦術的配置」対応を保証するものではないが、2020年1月の時点で、各資産の期待リターンの推定値は驚くほど低いという。今後10年間で、多くの投資家が過去の好調な業績に基づいたリターン目標の達成に苦労する可能性があることを示唆している。予想キャッシュ・リターンの低さが明確な原因の1つであり、リスクの高いすべての投資の予想総リターンを押し下げている。そのため投資家には目的と期待を再評価するよう求めている。

 レポートに記載された中期の主な期待リターンは以下の通り


米株の期待リターン 4.00%
米国以外の先進国株の期待リターン 4.70%
新興国株式 5.10%
米国10年国債 0%
米国外10年国債 -0.60%
米国ハイイールドクレジット 1.90%
コモディティ 2.70%


 株式の中では新興国株が5.1%と一番期待値が高く、その後米国外先進国株4.7%、米国株は4.0%と続いている。

 これはJPモルガンアセットマネジメントが公表している10年から15年というより長期の予想である、「2020 長期資本市場推計」で公表されている、米国株5.60%、欧州株7.70%、新興国株9.20%と期待リターンの並び順は同様で、米国株の期待リターンが一番低い。しかしその水準は一段と低くなっていることには注目したい。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。