ヘッジファンドNewsHedgefund News

物言う投資家エリオットがソフトバンク株を約2700億円購入

 アクティビストファンドとして有名なエリオットマネジメントが、ソフトバンクグループの株式を約3%分およそ2700億円相当を購入したことが分かった。

 エリオットマネジメント側はソフトバンクに対して、ソフトバンク・ビジョン・ファンド等の投資判断等について透明性の確保を求めるなど、企業統治の改善を求めているもようだ。

 傘下のソフトバンク・ビジョン・ファンドは、シェアオフィスのウィーワークの経営問題が表面化した他、配車サービス大手のウーバーの株価の低迷等により、グループの業績悪化の一因となっている。また第2号ソフトバンク・ビジョン・ファンドの調達額が目標の半分以下しか集まっていないという報道もあり、今後の業績予想の修正にも注目が集まっている。

 様々な事業に投資している企業が、株式市場で正当な評価を受けていない状態をコングロマリットディスカウントという。サードポイントがソニーに対して、金融や半導体事業の売却を迫ったのも、個々の事業を評価した場合よりも、全体で評価した場合のほうが価値が低く見積もられていると考えているためである。

 こうしたことは各業種ごとに適正なバリュエーションが異なるため、比較した投資がしにくいことから生じていると思われる。

 コングロマリットディスカウントが生じている企業に対しては、事業の分離などを求めていく可能性が高い。

 孫正義社長は、決算発表会で自身の会社の時価総額が割安すぎると説明していたため、エリオットマネジメント側の提案を好機ととらえる可能性もあるが、長期目線の経営者と、短期志向のヘッジファンドで利害が一致できるか不安を懸念する声もある。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:Harvard Business Review
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。