ヘッジファンドNewsHedgefund News

マルチストラテジー戦略選好高まり、大手ヘッジファンドミレニアムが30億ドル調達

 機関投資家のマルチストラテジー戦略への選好が進んでいる。ブルームバーグの報道によると、大手マルチストラテジー戦略のヘッジファンド、ミレニアムマネジメントが引出し制限をかけた投資クラスに30億ドル集まったとのことだ。2月12日に投資家向けに送付されたレターによると、同社は現在、この額が3月までに71億ドルに達すると見込んでいるという。

 2018年にマルチストラテジー戦略のエクソダスポイントが新ファンドとしては異例の80億ドル(約8700億円)を調達するなど最近はマルチストラテジー戦略に対して資金が集まっている。

 2020年に入ってからもシンガポールのダイモン・アジア・キャピタルは、10億ドル規模のマルチストラテジーヘッジファンドを設立する計画だ。 ダイモン・アジアのヘッジファンドにも、一部のアンカー投資家に対して複数年の引出制限が含まれるという。

 ヘッジファンドは、相場が乱高下した場合の突然の大量解約を避けるため、投資家の資金を長期にわたって確保しようとする動きが強まっている。2018年にはアジアの大手クオンツファンドクオンテッジ・グローバルが5年間のロックアップを発表している。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:Harvard Business Review
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。