ヘッジファンドNewsHedgefund News

ウォーレン・バフェット氏の投資ポジショントップ10

2月14日ウォーレンバフェット氏率いるバークシャーハサウェイの、機関投資家の株式保有報告書(13F)が更新された。これは2019年12月31日時点のポジションとなる。

トップテンは以下の通りだ、

No. 銘柄 資産配分
1 アップル 29.7%
2 バンク・オブ・アメリカ 13.5%
3 コカ・コーラ 9.1%
4 アメリカン・エキスプレス 7.8%
5 ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニー 7.2%
6 クラフト・ハインツ 4.3%
7 JPモルガン・チェース 3.4%
8 US・バンコープ 3.2%
9 ムーディーズ 2.4%
10 デルタ航空 1.7%

バフェット氏の投資の特徴の一つに集中投資がある。ここに記載されているのはあくまで米国企業のポジションであるが、トップ10だけで84%の資金を振り分けている。トップテンの内1位がアップルで29.7%、2位が13.5%でバンクオブアメリカが占めている。そしてバフェット氏と言えばコカ・コーラのイメージもあるだろうが、投資割合としては3位につけている。2016年にバフェットがIT銘柄であるアップルを購入したことは驚きをもって迎えられたが、その後の株価の上昇と継続保有を見てみるとバフェットの投資に間違いはなかったといえるだろう。

前回の9月末のポジションより大きく下げたのはウェルスファーゴとゴールドマンサックスの2社で、それぞれ15%と35%投資割合が下がっている。一見金融の割合を下げているように見えるが、2位のバンクオブアメリカは特に変わりはなかったようだ。

反対に大きく投資金額を増やしたのがオクシデンタル・ペトロリアム社で、以前より2.5倍の資産配分となった。ただ全体で見ると0.32%と小さな投資割合である。また新しく加わった銘柄としてクローガーやバイオジェン、レストレーション・ハードウェアなどが上げられる。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。