ヘッジファンドNewsHedgefund News

エリオットマネジメントがソフトバンクの次にツイッターに狙いを定めた

2月にソフトバンクに対するアクティビスト活動で注目された、ヘッジファンドのエリオットマネジメントが、ツイッター株を4%取得していることをロイターが報道した。

 エリオットマネジメント側はツイッターに対して、経営者のジャック・ドーシー氏の退任を求めているといわれている。エリオットマネジメントはドーシー氏がツイッターの経営に専念せず、モバイル決済会社であるスクエア等他に多くの事業も行っていることを問題としているようだ。

 この件に関しテスラ社のCEOであるイーロン・マスク氏は、ツイッター上でドーシー氏の 支持を表明している。

 エリオットマネジメントは2月にソフトバンク株を約2700億円掛けて3%取得し話題となった。ソフトバンクの株価にアリババ等の保有株の価値が適正に評価されていないとして約2兆2千億円の自社株買いや社外取締役の増員などを行うことで、株式価値の向上を求めているとされる。

 近年のアクティビストヘッジファンドは、従来に比べて、他の株主の賛同を得やすい提案を増やす傾向がある。エリオットマネジメントも、ツイッターは4%、ソフトバンクは3%と、大株主にならなくとも、適切な主張をすることで、その他の投資家が賛同しやすい銘柄を選別しているようだ。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:Harvard Business Review
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。