ヘッジファンドNewsHedgefund News

ユーリカヘッジ(Eurekahedge)ヘッジファンドインデックスは2月に2.50%下落

みずほユーリカヘッジヘッジファンドインデックスは2月に2.50%下落した。世界的に株価が急落する中、ヘッジファンドインデックスもマイナスになった。

米S&P500が2月に-8.4%と大きくマイナスになったことで、ユーリカヘッジ・北アメリカロングショートヘッジファンド指数は年初来4.16%下落となっている。

ロング・ボラティリティ/テール・リスクのヘッジファンドが運用成績においてリードし、金を含む他のほとんどの資産クラスを上回っている。

債券市場のリスク・オフ・センチメントにもかかわらず、債券戦略を採用しているヘッジファンド・インデックスは0.77%下落した。FRBとECBは、コロナウイルスの発生によって引き起こされた景気減速に対抗するための政策支援の可能性を示唆しており、その結果、同月の債券利回りは低下した。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。