ヘッジファンドNewsHedgefund News

バークレイヘッジファンドインデックスは3月は8.03%下落

バークレイヘッジがまとめたバークレイヘッジファンドインデックスによると、ヘッジファンド業界は、3月は新型コロナウイルスの大流行によって8.03%の損失を計上した。ヘッジファンド業界は、16.2%の下落となったS&Pトータル・リターン・インデックスよりも下げ幅は限定的となった。

3月末までの年初来リターンでは、ヘッジファンドインデックスは10.83%の下落となった。S&P500トータル・リターン・インデックスは同期間に19.6%下落した。

ヘッジファンド4部門を除くすべての部門が3月に赤字となった。政府による業務停止、在宅業務、消費者の恐怖感が世界中の企業活動にブレーキをかけたためだ。

ヘッジファンドもほとんどのセクターでマイナスを記録したが、3月に黒字となったセクターも存在する。4つのセクターのうち、最も上昇したのはボラティリティー・トレーディング・インデックスで、19.25%の上昇となった。オプション・ストラテジー・インデックスは7.36%増、エクイティ・マーケット・ニュートラル・インデックスは0.65%増、エマージング・マーケット・グローバル債券インデックスは横ばいだった。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:Harvard Business Review
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。