ヘッジファンドNewsHedgefund News

相場急変時にも利益を上げたヘッジファンド

 3月の下落相場から一転して、4月は経済活動回復期待の株高となった。このような相場急変時に連続して利益を上げることは難しいが、ブルームバーグによるとヘッジファンド全体の13%が2か月連続でリターンを計上した。一例として以下が挙げられている。 グローバルマクロ戦略で、銘柄を常に監視するような特徴を持つファンドが多かった。

  ヘッジファンド名 3月リターン 4月リターン
1 APSEC ファンド・マネジメント 17.2% 5.5%
2 AVM グローバル・オポチュニティ 3.0% 3.1%
3 パンビュー・キャピタル 1.0% 4.5%
4 オーシャン・アレト 2.1% 3.4%
5 クラウド・アルファ・キャピタル 1.9% 4.2%
6 インフィニ・キャピタル 33.0% 25.0%
7 スノーレイク・アジア 1.9% 12.3%
8 WT アセット・マネジメント 1.9% 3.0%
9 ピンポイント・アセットマネジメント 0.3% 1.0%

 今回の調査の中では成績トップだったAPSECファンド・マネジメントは、ダウンサイドリスクの低減を目指しつつ、アップサイドリターンを獲得することで、あらゆる市場サイクルにわたってアウトパフォームを重視する「クワドラプル・アルファ投資戦略」を採用している。今回のコロナショックでは1時間ごとにポジションのチェックを行っていた。相場のボラティリティが高まっている中で、機動的にポジションを変更する戦略が有効だったようだ。レポートによると個別銘柄の買いポジションは維持したまま、株式の先物を空売りすることで、3月に17.19%リターンを上げていたようだ。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。