ヘッジファンドNewsHedgefund News

5月のバークレイヘッジファンドインデックスは2.71%上昇

 バークレイヘッジのまとめたバークレイヘッジファンドインデックスによると、5月のヘッジファンド業界は、全体で2.71%プラスになった。単月ではS&P500指数の戻りが4.76%と強かったが、年初来のトータルリターンではS&P500指数のマイナス4.97%に対してヘッジファンドはマイナス4.67%となり、引き続き損失を抑えられている結果となった。

 セクター別で最も上昇したのは新興国MENAインデックスの5.81%で、ヘルスケア&バイオテクノロジー・インデックスが5.17%、エクイティ・ロング・インデックスが4.64%の値上がりとなった。年初来最も上昇しているのはボラティリティー・トレーディング・インデックスで、9.89%のプラスとなっている。5月も1.03%のプラスであった。

 「ヘッジファンド」の名の通り、S&P500指数と比べても値動きは小さくコントロールされている結果となった。

 年初来の実績を見てみると上昇率のトップは、10.42%増のボラティリティ・トレーディング・インデックス、5.27%増のテクノロジー・インデックス、4.80%リターンの債券アービトラージ・インデックス、3.53%増のヘルスケア&バイオテクノロジー・インデックスであった。また、オプション・ストラテジー・インデックスは2.48%増、グローバル・マクロ・インデックスは1.58%のリターンとなった。

 今年の下落セクターの中で、最も大きな下落幅を記録したのは新興市場であった。新興市場ラテンアメリカ指数は22.44%下落、新興市場グローバル株式指数は14.83%下落、新興市場MENA指数は12.92%下落、新興市場東欧株式指数は11.63%下落、新興市場グローバル指数は11.16%下落した。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:Harvard Business Review
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。