ヘッジファンドNewsHedgefund News

インド株運用のクオンツ・ファンドがSENSEX指数を大幅に上回る

 インドの運用会社であるDSPインベストメントが昨年運用開始したDSP・クオンツ・ファンドが、SENSEX指数や同じインド株式運用のヘッジファンドを上回るパフォーマンスを残しているとブルームバーグが報じた。 

 インドを代表する30銘柄で構成されるS&P BSE SENSEXはここ1年で14.5%下落しているが、DSP・クオンツ・ファンドは2.7%の下落に抑えられている。運用資産は2,900万ドルとまだ小型だが、ヘッジファンドの中でも上位8%に入るパフォーマンスだ。

 投資対象は、ボラティリティの高い株式を排除し品質と割安度・成長度を加味して決定されている。上位の投資セクターは以下の通り。

セクター 投資比率
金融(銀行除く) 26.61%
非耐久消費財 20.23%
ソフトウェア 13.77%
銀行 9.35%
医薬品 8.79%
自動車 6.19%
耐久消費財 4.39%

 DSPグループは152年間の歴史を持つ老舗金融機関で、運用会社としても20年以上の実績を誇る。インド最大級の運用会社だ。下落相場に強いことが明らかになったため、今後は上昇相場でのパフォーマンスが注目される。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。