ヘッジファンドNewsHedgefund News

第2四半期のヘッジファンドは極めて好調

ヘッジファンドの運用残高は4月から6月にかけて約2,200億ドル増加し、全体で3兆1,770億ドルに達したとヘッジファンドリサーチが公表した。

この要因として、相場上昇に伴いパフォーマンスが急激に向上したことと投資家からの解約が急減したことの2つがあげられている。HFRIインデックスは3か月で約9%上昇し、解約は第1四半期から65%減少した。第1四半期は過去最大の残高急減と報じられたが、持ち直した格好だ。 

特に株式で運用されるヘッジファンドが好調で、第2四半期だけで資産を955億ドル増加させた。他はアクティビズム、債券ロングショート戦略も残高を拡大させた。

調査を担当したハインツ氏は、コロナウイルスの影響は下半期にも継続すると予測されるため、これらのファンドが資産を獲得する余地はまだあるのではないかと述べている

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:Harvard Business Review
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:朝日新聞
  • メディア掲載実績:ロイター
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。