ヘッジファンドNewsHedgefund News

バークレー・ヘッジファンド・インデックス 3月はプラス0.55%

バークレー・ヘッジファンド・インデックス は3月にプラス0.55%で推移した。2022年通年では-3.00%となっている。3月に主にプラスになったのはマージング・マーケット・ラテン・アメリカン・エクイティーズ・インデックス 3.75% やグローバルマクロインデックスが3.37%を記録する一方、エマージング・マーケット・アジア指数 -3.15やエマージング・アジア株式指数 -3.80%等が足を引っ張った状況だ。

中華圏のヘッジファンドは、中国の成長鈍化と米国での中国企業の上場廃止が同地域の株式市場の重荷となり、過去9カ月間で8カ月目の損失を記録した。ハンセンは2022年に5.99%下落し、3月の取引は68カ月ぶりの安値で終了した。

またバークレー・CTA・インデックスは2.86%とコモディティ価格や債券金利の上昇を背景に高い実績を伸ばしている。2020年のコロナショック同様CTAは世界株下落時に高いリターンを記録し、分散投資効果の高さを証明した格好だ。

ヘッジファンドNews最新記事

どんなことでもお気軽にご相談ください。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、
少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

  • ヘッジファンドダイレクトに関する資料請求はこちら
  • 「ヘッジファンド」やヘッジファンドダイレクトのサービスに関するご質問、個別相談はこちら
0120-104-359
  • メディア掲載実績:NHK
  • メディア掲載実績:FORBES
  • メディア掲載実績:フジサンケイビジネス
  • メディア掲載実績:Newsweek
  • メディア掲載実績:bloomberg
  • メディア掲載実績:the wall street journal
週刊ダイヤモンド、NHK、FORBES、朝日新聞、ワールドビジネスサテライト、ロイター、bloomberg、the wall street journal等、メディア掲載実績多数

当社の投資助言対象となる金融商品は、価格変動などにより投資元本を割り込む恐れがあり、元本を保証するものではありません。
個別相談時にご提供する「契約締結前交付書面」「投資助言契約書」などの内容を十分にお読みください。