ヘッジファンドダイレクト株式会社

0120-104-359 10時~19時(祝日、年末年始を除く)

ご資産100万ドル以上の富裕層限定

世界の富裕層が実践する
ハイクラス資産運用
業界No1:個人投資家向けヘッジファンド専門投資助言会社における、累計契約金額及び累計契約件数の実績 TPCマーケティングリサーチ調べ2023年5月 継続率95.6%:2022年度実績
投資助言契約額累計1,361億円:2022年度実績

富裕層の皆様、
資産運用にこんなお悩みは
ありませんか?

・富裕層に特化した資産運用がしたい

・今ある資産をリスクを抑えながら安定的に運用していきたい

・資産運用はプロに任せて本業に専念したい

そんなあなたには…

世界の富裕層や一流機関投資家がこぞって投資している
「ヘッジファンド」がおすすめ!

業界No.1の当社が、世界中から厳選したヘッジファンドをご紹介
(下記一例)

運用実績は世界トップクラス

平均リターン17.6%のグローバルマクロ戦略ヘッジファンドA

ヘッジファンドAの実績グラフ。平均利回り17.6%、運用年数15年10ヶ月、設定来リターン+1,194.6%。(MSCI World Index(世界株)との比較) (期間:2006年10月~2022年7月)
ヘッジファンドA 特長
2006年の設定来トータルリターンは1,194.6%のプラス(2022年7月末時点)。設立から資金を預けていた場合、約12倍にまで増加していることになります。2019年には68%プラスを記録し、グローバルマクロ戦略の中でもトップクラスの実績を記録しました。投資先のファンドは運用期間が15年を超え、運用残高も4000億円を超えてきており、成熟期に入ってきています。新規資金を受け付ける期間はそう長くないと推定されます。積極的に高いリターンを目指す方に人気です。現在3年以上の長期の投資家のみ受け付けています。
受賞歴

リーマンショックの年に55%プラス

平均リターン10%超のAI運用ヘッジファンドB

ヘッジファンドBの実績グラフ。平均利回り10.8%、運用年数23年3ヶ月、設定来リターン+985.2%。(MSCI World Index(世界株)との比較) (期間:1999年5月~2022年7月)
ヘッジファンドB 特長
1999年の設定来トータルリターンは985%のプラス(2022年7月末時点)。設立から資金を預けていた場合、約10倍にまで増加していることになります。危機に強いトレンドフォロー戦略を採用しています。リーマンショックのあった2008年は年間で55.7%プラスを記録し、2020年3月のコロナショックの月も8.8%のプラスを記録しています。ロシアのウクライナ侵攻のあった2022年は、6月までの実績で世界株が-21.2%に対して、このヘッジファンドは25.2%プラスでした。株式との相関性が低いため、株式に投資されている方に人気です。
受賞歴

20年以上安定的な運用成績を誇る!

富裕層に人気のヘッジファンドC

ヘッジファンドCの実績グラフ。平均利回り6.3%、運用年数24年3ヶ月、設定来リターン+345.2%。(MSCI World Index(世界株)との比較) (期間:1998年4月~2022年7月)
ヘッジファンドC 特長
1998年の設定来トータルリターンは345%のプラス(2022年7月末時点)。設立から資金を預けていた場合、約3.5倍にまで増加していることになります。複数のヘッジファンドに分散投資するファンドオブヘッジファンズ戦略で運用することで、過去において極めて価格変動リスクを抑えた形での運用を実現しています。資産保全目的の安定的な運用を目指す方に人気です。
受賞歴
上記ヘッジファンドは「ほんの一例」です。
長期実績のあるヘッジファンドをもっと詳しく知りたい方は、無料の資料請求無料個別プライベート相談へとお進みください。

世界の富裕層や一流機関投資家が
ヘッジファンドで資産運用をする
3つの理由

ヘッジファンドはリスク・リターンの実績が優れたアセットクラス

アセットクラスごとのリスクリターン分布図

ヘッジファンドはリスク・リターンの実績が優れたアセットクラス

運用効率を測るシャープレシオを確認すると、ヘッジファンドが1.6近くなり、他の資産より数値が高いことが分かる

一般的に、投資対象となる株や債券などの資産の種類や分類のことを「アセットクラス」と呼びます。アセットクラス毎のリターンとリスクの実績(2000年~2020年7月)を表にすると、図のようになります。運用効率を測るためにリターンをリスクで割ったシャープレシオを確認すると、ヘッジファンドが1.6近くなり、と他の資産より高いことが分かります。つまりヘッジファンドは低リスクで高いリターンの実績を持ったアセットクラスということです。

表の見方
もしあなたが7%以上のリターンを求めているなら、縦軸の7%のあたりを左から順に見ていけば、リスクが低い順に投資対象が並んでいます。また横軸を見てください。ヘッジファンドは金(ゴールド)や世界株、日本株よりもリスクが低いことが分かります。

つまり投資対象を実績で選ぶなら、「低リスクで高リターン」のヘッジファンドへの投資が合理的と言えます。

相場に左右されにくい、リスクを抑えた資産運用が可能に

リーマンショック時2008年、ヘッジファンドBは+55.57%に対し、世界株は-42.7%
ヘッジファンドなら、リーマンショックのような下落相場でも55%のプラスリターンが可能。2020年3月コロナショック時にも8.8%プラス

一般的に推奨される「国際分散投資ポートフォリオ」では、2008年に起きた世界同時株安に対応できず、世界株で約▲42%の損失がでました。
当時は「分散投資をしていれば安心」と信じられていたのですが、実際には金融危機においては株の他、不動産や鉱物、原油などのほとんどのアセットクラスが同時に下落してしまったのです。他方で、優良なヘッジファンドであれば、リーマンショックのような下落相場でも55%リターンを出すことに成功しています。2020年3月のコロナショック時にも8.8%プラスとなりました。
上の図は、世界株式とヘッジファンドB(当社助言対象)との比較です。将来起こりうる金融危機に備えた資産運用を行うのが、賢い投資家といえます。

ハーバード大学のポートフォリオ例。ヘッジファンドは33%を占める。
世界の富裕層や一流機関投資家は、
投資ポートフォリオにヘッジファンドを入れて
投資全体のリスクをヘッジ(回避)している

ハーバード大学では、資産全体の1/3程度をヘッジファンドに割り当てています。(2019年6末時点)
世界の富裕層や年金基金等の一流機関投資家は、ポートフォリオの中に「株や債券と異なる値動きをするアセットクラス」であるヘッジファンドを入れることで、ポートフォリオ全体のリスクをヘッジ(回避)しています。上の図は世界最高の運用集団と称されるハーバード大学基金のポートフォリオです。最先端の研究成果に基づく意思決定には学ぶことが多いと言えます。

実績の証明ができる
真のプロにお任せする方が合理的

ファンドマネージャーのデイビットテッパー David Tepper / Appaloosia Management L.P.
ゆかしウェルスメディア株式会社より

実績の証明ができる
真のプロにお任せする方が合理的

日本で販売されている投資信託に、インデックスに勝るような優秀なアクティブファンドはほぼ存在しない

あなたが投資信託を購入することは、ファンド・マネージャーに資産運用を任すことを意味しています。ところが、日本で販売されている投資信託には、インデックスに勝るような優秀なアクティブファンドはほとんど存在しません。どうして、日本には優秀なファンド・マネージャーがいないのでしょうか?その理由は、日本の証券会社が販売手数料を目当てに短期売買を顧客に強いる傾向があったため、長期的に優良な運用実績を出せる運用商品・運用会社が育たなかったからであると言われています(2015年金融庁行政方針)。

ヘッジファンドを購入するということは、
世界トップレベルのファンド・マネージャーを自分のために雇い、資金運用してもらうことを意味する

そこで、視野をグローバルに広げてみましょう。金融先進国の海外には長期間に渡り優良な実績を出す運用会社が多数存在しています。写真はファンド・マネージャーであるデビット・テッパー氏です。その最大の年収は3,500億円で、当時のセブンイレブンの年間営業利益より稼いでおり、その豊富な資金で世界中から情報を集め、運用収益を出しています。金融商品であるヘッジファンドを購入するということは、彼のような世界トップレベルのファンド・マネージャーを自分のために雇い、あなたの資金を運用してもらうことを意味しています。

投資経験のある日本人の約7割が通算成績で損をしています。あなた自身の過去実績はいかがですか?

かつて当社が行った調査では、投資をしたことのある日本人のおよそ7割が通算成績で損をしていましたが、あなた自身の過去実績はいかがですか?著名ヘッジファンドのように「過去10年間の平均年率リターンが10%以上」の実績をまだ出したことがないなら、自己流で投資対象の売買をするよりも、優秀なエリートに資産運用をアウトソースしてみるのはいかがでしょうか? 少なくとも、自分自身で運用するよりは上手に運用できることが期待できます。何よりも、自分で運用する場合にかかる膨大な時間と手間と調査分析費用、トレーディングシステムへの設備投資を省くことができます。本業や社交で忙しい富裕層にこそふさわしい投資法が、優秀なヘッジファンドへの投資なのです。

助言実績・お客様の声

助言実績

業界No1:個人投資家向けヘッジファンド専門投資助言会社における、累計契約金額及び累計契約件数の実績 TPCマーケティングリサーチ調べ2023年5月 継続率95.6%:2022年度実績 投資助言契約額累計1,361億円:2022年度実績
メディア掲載実績
  • 日本経済新聞
  • 日経ヴェリタス
  • NHK
  • Reuters
  • ダイヤモンドオンライン

「決めた理由は、その実績です」ヘッジファンドへの投資に成功した富裕層の声

伊藤様。慶応義塾大学卒、40代、公務員。創業150年以上の老舗菓子店の地主、相続主でもある。 伊藤様。慶応義塾大学卒、40代、公務員。創業150年以上の老舗菓子店の地主、相続主でもある。
資産運用のきっかけを教えてください
不動産は毎年の固定資産税がリスク。相続税、あれを払い続けたら元は無いですよ。日本では過去、資産凍結や農地改革で資産を取られていますし。固定資産は危険資産だと思い、ある程度、不動産を売却・整理して、金融資産で運用を開始しました。
ヘッジファンドダイレクト㈱を何故選び、ヘッジファンドに投資したのですか?
虎の子の資産ですから、アドバイザーは、手数料より信頼で選ぶ主義です。
自ら金融資産1億円以上を有する富裕層として多くの金融機関と取引してきました。調べる中で、海外の優良ファンドに個人が直接投資しようとして、投資助言会社のヘッジファンドダイレクトに行き着きました。同社から紹介された優良ファンドは、過去1回しかマイナスが出てなかった。リターンもさることながら、マイナスが1回しかないという「実績」が私にとっては一番大きな投資理由でした。

お客様の声

男性経営者の画像 「最後にたどり着いたのが、ヘッジファンドでした」
経営者  40代男性
富裕層の成功例と聞き、迷いはありませんでした
本業が忙しく、資産運用する時間を取るのは難しい。実際、株価を見る暇すらないのが現状でした。誰か信頼できるところに依頼して運用して欲しいと思って証券会社に預けたらリーマンショックで半減(苦笑)。周囲に相談して最後に辿り着いたのが、ヘッジファンドへの投資でした。
成功例は実践して経験してみたいというのが、ベースの考えでこれまでビジネスをしてきたので、富裕層の成功例と聞き、迷いはありませんでした。安心して本業に集中できるので、助かります。
男性医師の画像 「憧れのヘッジファンド投資に挑戦」
医師  50代男性
日本で購入した金融商品に満足できないならヘッジファンド
今まで日本の証券会社や、外資系金融からは紹介されたこともなかった高い利回りの金融商品があることを知りました。資料を見ると、世界的に有名な賞を受賞している一流品で、実績も将来性も申し分ないと感じました。
さすが富裕層顧客に強いヘッジファンドダイレクトさんだと感心しました。今まで日本で購入していた金融商品の「結果」・「実績」に満足できない人にはヘッジファンドダイレクトさんのノウハウはお勧めです。時間を無駄にしないように、まずは「実績」がある会社に相談してみるのをお勧めします。

ヘッジファンドに
ご興味が出てきた方へ

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー小雪

ヘッジファンドは人気が高まり残高が大きくなると、運用成績を維持するため、予告なく新規受付を締め切ることがあります。
実際に過去当社でご紹介していたヘッジファンドには、現在新規受付を停止しているものもあります。
ご投資までは一切費用はかかりません。 今どんなヘッジファンドにご投資が可能なのか、是非一度無料の資料請求か、無料個別プライベート相談にてご確認ください。
弊社の経験豊富な専属コンサルタントが、お客様のポートフォリオ全体を踏まえて、最適なヘッジファンドをご紹介いたします。

ご相談の流れ

資料請求画像
資料請求
弊社で紹介実績のあるヘッジファンドの実績資料をお送りいたします。まずは優秀なヘッジファンドの実績をご確認ください。
個別面談画像
ご面談
すぐに相談したい、もしくは実績資料にご納得頂けた場合、面談へとお進みいただけます。ご来社またはオンラインでの面談が可能です。
入会手続き画像
入会・ファンド申込
各種契約書のお取り交わしをもってファンド申込み、入会手続きを実施します。
継続的な相談画像
投資後の継続的な投資相談
投資後も継続的に投資のご相談をいただけます。ご契約者様のみに提供する情報もご案内します。

オフィス紹介

ヘッジファンドダイレクトのエントランス
エントランス
面談にお越しの際は、受付テーブルの電話をお取りいただき、面談にお越しの旨をお伝えください。
ヘッジファンドダイレクトの廊下
廊下
窓に面した応接室まで、係の者がご案内いたします。
ヘッジファンドダイレクトの応接室
応接室
お客様の専属担当が、お客様の資産運用のお悩みなどを伺った上で、最適なプランをご提案いたします。
ヘッジファンドダイレクトのコミュニケーションスペース
コミュニケーションスペース
調和をテーマとした、円形のスペースがオフィス中央にございます。
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー小雪
どんなことでも
お気軽にご相談ください
0120-104-359 営業時間:月曜~金曜 10時~19時(祝日年末年始を除く)

「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」
公式アンバサダー 小雪

―CM作品―

【プライベートジェット編】

当社のお客様属性

  • お客様の年代内訳グラフ
  • お客様の性別内訳グラフ

よくあるご質問

御社はどうして一流のヘッジファンドの情報を集めることができるのですか?
個人投資家向けの海外ファンド・ヘッジファンドに関する投資助言業者として国内最大級の助言実績があるため、欧米のヘッジファンド業界とのネットワークが確立しているからです。
ヘッジファンドに投資するための費用・コストを教えてください。
ヘッジファンドの過去実績は、運用会社が徴収する手数料をすべて差し引いた後の「コスト差引後のリターン」で表記されています。当サービスのご利用(専門家への相談・各種ファンド情報の入手)は無料です。当社のアドバイザリーに基づきヘッジファンドに投資をする場合には、投資額に応じて当社に対する投資助言手数料が発生します。また、当社以外に投資に係る事務手数料等が別途必要になる場合があります。ヘッジファンドにより各種費用が異なります。詳しくはご利用時に個別にお尋ねください。投資助言手数料の詳細につきましては、担当コンサルタントより交付する投資助言契約書を十分にお読みください。
投資助言サービスの内容を教えてください。
投資家サイドに立った「バイヤーズ・エージェント」の立場で、お客様に相応しいヘッジファンドの提案、投資に関するアドバイス、投資後のファンドのモニタリング、投資したファンドからのレポートの説明、ファンド売却による現金化の支援等、入口から出口まであなたの投資を専門家がサポートします。
御社は投資助言業で関東財務局に登録されていますが、銀行・証券会社との違いは何ですか?
銀行・証券会社は、金融商品の販売業です。販売業者は、金融商品の販売手数料が主な収益源なので、お客様の資産増加ではなく、金融商品販売そのものを優先する場合があります。
対して、投資助言業はバイサイドです。お客様の投資が成功して資産残高が増加すればするほど、収益が拡大するため、常に投資家サイドに立ったアドバイスが可能になります。お客様にファンドを紹介するにあたり、運用会社・販売会社(セルサイド)から販売手数料・広告料等の名目を問わず、直接・間接に関わらず当社は一切受領していません。
なぜ日本には「過去10年間年平均リターン10%以上」の優秀なファンドがあまりないのですか?
そのような高成績のファンドは、国内の投資信託には存在しません(2016年2月末 モーニングスター公表データを拠り所として当社調査済み、SMA/DCを除く投資信託全5,090本を対象)。残念なことに日本に優良なファンドが育たなかった理由は、大手販売会社が原因と言われています。詳細は金融庁「金融審議会」の資料並びに以下のオンライン書籍をご確認ください。

最後にもうひとつ
大切なQ&A

過去に業務停止命令を受けたというのは本当ですか?

はい、当社の前身の会社が2013年10月に6か月間の行政処分を受けました。
海外ファンド助言業者は新しい業態であったことから、規制強化の観点から同時期に同業者10社に対して行政処分が行われました。

ですが、ご安心ください。

既に行政処分は「解除済」と金融庁の公式HPに公表されております。
当社に対する処分事由は、顧客資産を棄損した等ではなく、当該新事業に必要なライセンス(登録)の種類に関する問題が主でした。
その登録上の問題を解決し、規制に対応した上で、2014年に無事に業務を再開しております。
その経緯は、2021年5月出版、当社創業者著書「富裕層のためのヘッジファンド投資入門」(ダイヤモンド社)でもご覧いただけます。

業務再開を果たしたその後の9年間を通じてお客様を増やして、
おかげさまで、累計契約額
1361億円に達し業界No.1
となりました。

「顧客本位の業務運営に関する原則」を採択した金融事業者として金融庁HPに掲載※2020年

助言契約継続率※2022年度実績
95.6%以上

「決めた理由は、その実績です」

ヘッジファンドへの投資に成功した富裕層の声