MENU

【ヘッジファンド投資をお考えの方へ】
0120-104-359
平日 10時~19時

ヘッジファンドダイレクト

ヘッジファンドとCTA (マネージドフューチャーズ)との違いとは

金融の世界は多くの投資手法や戦略で溢れており、投資家は自身の目的やリスク許容度に応じて最適な投資先を選ぶ必要があります。中でも、CTA (Commodity Trading Advisor/マネージドフューチャーズ)とヘッジファンドは近年注目を集める投資方法となっています。しかし、これら二つの投資方法は一見似ているようでありながら、その運用方法や目的、リスクの特性などにおいて大きな違いがあります。

CTAの存在感は運用のシステム化とともに高まっており、下記のような記事でもたびたび取り上げられるようになってきています。

トレンドフォロー戦略で最大70%リターン、AQRのクオンツファンド
クオンツ戦略の成績、2000年以降で最高に

この記事では、CTAとヘッジファンドの基本的な概要を説明し、その後のセクションでそれぞれの詳細や違いについて深掘りしていきます。正確な知識を持つことで、投資家はより明確な投資判断を下すことが可能となります。

目次

CTA (マネージドフューチャーズ) の概要

CTA(マネージドフューチャーズ) とは何か?

CTA(マネージドフューチャーズ) は、Commodity Trading Advisorの略で、日本語では「商品投資顧問」と訳されることが多いです。CTAはヘッジファンドの一種として知られ、顧客から集めた資金を運用し、利益を追求することを目的としています。特に、CTAは商品先物市場だけでなく、株式、為替、指数先物、オプション、債券などの金融商品にも投資を行います。彼らは個人投資家や機関投資家に対して、特定の市場の動向や戦略に関する助言を提供し、場合によっては直接取引を代行することもあります。

CTA(マネージドフューチャーズ) は、その投資戦略と大きな資金規模により、金融市場に大きな影響を与える存在となっています。特に、2008年のリーマンショック時には、多くのヘッジファンドが損失を出している中、CTA(マネージドフューチャーズ) は利益を上げることができたと言われています。

CTAの主な投資戦略

CTA(マネージドフューチャーズ) の投資戦略は多岐にわたりますが、主に以下のようなものがあります:

  1. トレンドフォロー戦略:市場のトレンドを追いかける形での取引を行う手法。上昇トレンドや下降トレンドを確認し、それに従ったポジションを取ることが特徴です。この戦略は、市場の動きを予測することなく、現在の動きに基づいて投資を行うため、リスクを低減することができます。
  2. カウンタートレンド戦略:市場のトレンドが一時的に逆転することを予測し、その逆転を利用して取引を行う戦略。
  3. スプレッド取引:2つの関連する商品や金融商品の価格差を取引する戦略。例えば、2つの異なる期間の商品先物契約の価格差を利用して取引を行うことが考えられます。
  4. 高頻度取引(HFT): CTA(マネージドフューチャーズ) の多くはコンピューターを使用して取引を行い、特にHFT(High-Frequency Trading)という手法が注目されています。HFTは、1秒間に数百回から数千回の取引を行うことを特徴としており、これにより瞬時に市場の動きに対応することが可能となります。
  5. 金融工学に基づく戦略: CTA(マネージドフューチャーズ) は、市場価格の統計的分析を基に、アノマリーやトレンドを見つけ出すことを目的としています。このため、金融工学の知識を駆使して、高度なプログラムを組むことが求められます。

CTA(マネージドフューチャーズ) の投資先とは?

CTA(マネージドフューチャーズ) は主に商品先物や外国為替といった金融商品を投資先としています。これには、農産物、エネルギー、金属、株価指数、債券など多岐にわたる商品が含まれます。また、多くのCTAはグローバルに活動しており、様々な国や地域の市場で取引を行うことが特徴です。投資対象が先物のため、流動性と透明性が高いのが特徴です。

ヘッジファンドの概要

ヘッジファンドとは何か?

ヘッジファンドは、異なる投資戦略を採用して、高いリターンを目指すプライベートな投資ファンドを指します。その名前が示すように、リスクを「ヘッジ」することがもともとの目的でしたが、現在では多様な戦略を使用して、市場平均を上回るリターンを追求することが一般的です。特に通常のアクティブファンドとの違いとしてどんな市場環境でもリターンを目指す絶対収益目標を設定していることがあげられます。

ヘッジファンドの主な投資戦略

ヘッジファンドは、多岐にわたる投資戦略を採用することができますが、以下はその中でも特に一般的な戦略の一部です:

  1. ロング/ショート戦略:特定の資産に対して買いポジション(ロング)と売りポジション(ショート)を同時に持つことで、市場の変動からの影響を低減させる戦略。市場のリスクをコントロールすることを目的に空売りは、インデックスや先物インデックスを売る場合と、下がりそうな個別の銘柄を積極的に空売りするダブルアルファ戦略などが存在します。
  2. イベントドリブン戦略:特定のイベント(企業の合併や買収、再編など)が資産の価格に与える影響を予測して取引を行う戦略。破綻債券に投資して企業再生をおこなったり、特許などの裁判の結果を予想してポジションを構築することもあります。
  3. マクロ戦略:国際的な経済の動向や金融政策などのマクロ経済的要因をもとに投資判断を行う戦略。比較的流動性が高い先物を中心に、レバレッジを使いながらトップダウンでポジションを作成していくことが多いです。
  4. マルチストラテジー戦略:複数のヘッジファンドの戦略を組み合わせたヘッジファンド戦略。例えば債券レラティブバリュー戦略をやっているファンドが、コンバーティブルアービトラージ戦略やリスクアービトラージ戦略などより幅広いレラティブバリュー戦略(裁定取引戦略)に拡大していく場合や、ほかの運用会社を買収して、戦略を拡大する場合がある。

ヘッジファンドが対象とする投資先

ヘッジファンドは、株式、債券、先物契約、外国為替、不動産など、多岐にわたる資産クラスに投資することができます。多くのヘッジファンドは、様々な市場や資産クラスにまたがるポートフォリオを組成し、その多様性によってリスクを分散させることを目指しています。投資対象の中には、未上場企業株や、再保険、裁判など流動性の低い投資対象や、売りと買いをペアトレードするためポジションの解消に時間がかかるリラティブバリュー戦略やマーケットニュートラル戦略など、透明性や流動性の低い戦略があるのも特徴です。

CTAとヘッジファンドの主な違い

ヘッジファンドとCTAは基本的な運用目標が絶対リターン目標であり似た点が多くあります。しかしCTAにおいてはヘッジファンドでよく上げられるデメリットである、流動性や透明性の低さが当てはまらず、異なる投資対象と分類されることもあります。

1. 投資戦略の違い

  • CTA:CTAは主に商品先物や外国為替を対象とした投資戦略を持っており、市場のトレンドを追いかけるトレンドフォロー戦略や、関連する商品の価格差を利用するスプレッド取引などが一般的です。流動性が高く、過去のデータを取得しやすいため、システマティックな分析が進んでおり、クオンツ系のヘッジファンドの多くはCTAまたはCTA出身のファンドが多いといわれています。
  • ヘッジファンド:ヘッジファンドは多様な投資戦略を採用することができ、株式、債券、不動産など多岐にわたる資産クラスに投資することが特徴です。市場の変動からの影響を低減するロング/ショート戦略や、特定のイベントの影響を予測するイベントドリブン戦略などがあります。ヘッジファンドは買いポジションと売りポジションで市場リスクをコントロ―する方法が発祥ですが、近年はオルタナティブ資産を組み入れることで、戦略レベルだけでなく資産レベルでも分散を進めています。

3. リスクとリターンの特性

  • CTA:CTAは商品先物や外国為替といった高いボラティリティを持つ市場を対象としているため、リスクとリターンの変動が大きいことが特徴です。また正の歪度を持っており、ポジティブなリスクが高いことがあり、シャープレシオより下方偏差を図るソルティノレシオで測るのが適切と説明するファンドもあります。
  • ヘッジファンド:ヘッジファンドは多様な投資戦略や資産クラスを組み合わせることで、リスクを分散させる一方で、市場平均を上回るリターンを追求することを目的としています。ヘッジファンドインデックスは債券よりリスクが高く、株式市場よりリスクが低いですが、戦略によってはハイリスクのものも存在します。

CTAとヘッジファンドの共通点

実はCTAとヘッジファンドは共通点が多いため、CTAをヘッジファンドの一部として取り上げられることも多いです。

  1. 代替投資としての位置付け:CTAとヘッジファンドはいずれも伝統的な株式や債券といった投資方法とは異なる、代替投資としての位置付けを持っています。
  2. 絶対収益目標:上げ相場でも下げ相場でもリターンを目指す、絶対収益目標が一般的です。
  3. 専門的な知識・技術の活用:両者ともに、金融市場に関する専門的な知識や技術を活用して投資活動を行います。そのため、運用者は高い専門性を持っていることが求められます。
  4. 高い分散投資効果:一般的な株式や債券投資との高い分散投資効果が期待されます。

これらの共通点を理解することで、CTAとヘッジファンドが金融市場においてどのような役割や特性を持っているのか、より深く把握することができます。

CTAとヘッジファンドのメリットとデメリット

1. CTAのメリット

  • 多様な市場へのアクセス:商品先物や外国為替といった多岐にわたる市場への投資が可能で、投資先の選択肢が広がります。
  • 高い透明性:取引内容や戦略が明確であり、投資家はリスクやリターンの動向を追跡しやすいです。
  • 短期的なリターンの追求:市場の短期的な動向を基にした戦略を採用することが多いため、短期間での高いリターンを目指すことができます。

2. CTAのデメリット

  • 高いボラティリティ:商品先物や外国為替市場のボラティリティが高いため、リスクもそれに伴って高まります。
  • 専門的な知識が必要:運用戦略について専門的な知識が必要となります。

3. ヘッジファンドのメリット

  • 多様な投資戦略:様々な投資戦略を組み合わせることで、リスクを分散させつつ、高いリターンを追求することが可能です。
  • 専門家による運用:ヘッジファンドの運用は、金融市場の専門家によって行われるため、専門的な知識や技術を活かした投資が期待できます。
  • リスク管理の徹底:多様な戦略やヘッジ手法を用いることで、リスクを効果的に管理することが可能です。

4. ヘッジファンドのデメリット

  • 高い運用費用:専門家による運用や高度な戦略の採用に伴い、運用費用が高くなることがあります。
  • 資金の流動性の制限:ロックアップ期間など、資金の引き出しに一定の制限がある場合が多いです。
  • 情報開示の限定:プライベートなファンドであるため、情報開示が制限されることがあります。

まとめ

CTAとヘッジファンドは、金融市場における注目すべき投資方法の二つです。それぞれが持つ独自の特徴や投資戦略、メリットやデメリットを理解することで、投資家は自身の投資目的やリスク許容度に合わせた選択をすることができます。

CTAは、商品先物や外国為替市場を中心に活動し、市場の動向やトレンドを基にした投資戦略を採用することが特徴です。一方、ヘッジファンドは、多様な資産クラスや投資戦略にまたがる運用を行うことで、リスクの分散と高いリターンの追求を目指します。

資産運用について何かお悩みですか?
そのお悩み、世界トップクラスのヘッジファンドなら解消できるかもしれません

ヘッジファンドダイレクトは2,000万円からの海外トップクラスのヘッジファンドへの投資のアドバイスをしています。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

安心できるヘッジファンド投資はヘッジファンドダイレクトへ

ヘッジファンドダイレクト

ヘッジファンドダイレクトは2,000万円からの海外トップクラスのヘッジファンドへの投資のアドバイスをしています。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

安心できるヘッジファンド投資はヘッジファンドダイレクトへ

日本の銀行、証券会社では取り扱いのない、実績のある海外ヘッジファンドをご紹介いたします /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

監修:柿本 紘輝(CFP証券アナリスト協会検定会員
業界最大手の投資助言会社ヘッジファンドダイレクト株式会社が運営。
富裕層向けに投資助言契約累計1395.9億円(2023年12月末時点)。
当社の認定ファイナンシャルプランナー(CFP、国際資格)、証券アナリスト(CMA)が監修して、初心者にも分かりやすく、良質な情報をお届けしています。

ヘッジファンドダイレクト株式会社
金融商品取引業者 関東財務局(金商)第532号
東京都千代田区丸の内1-8-2鉄鋼ビルディング10F

目次