MENU

【ヘッジファンド投資をお考えの方へ】
0120-104-359
平日 10時~19時

ヘッジファンドダイレクト

セミリタイアに必要な資産や貯金はいくら?資産運用で効率良く貯めよう!

セミリタイアに必要な資産や貯金はいくら?資産運用で効率良く貯めよう!
目次

セミリタイアとは?アーリーリタイアとの違い

会社に拘束されない自由な生き方を求めて、セミリタイアを希望する人が増えています。

特に2019〜2020年には、アーリーリタイアする方法について述べられた「FIRE」という書籍が多く発売され流行しています。自由な生き方・働き方を求めて、いかに人々がセミリタイアやアーリーリタイアという選択を検討しているかがわかるかと思います。

しかし、セミリタイアとはそもそも何なのでしょうか?そこで今回は、セミリタイアとアーリーリタイアの違いについても紹介します。

セミリタイア

セミリタイアとは、会社を辞めて、貯金や資産運用、自営業やアルバイトなどで自由に生活をするライフスタイルを指します。会社勤めをしているとあらゆる面で拘束されますが、セミリタイアをすることで縛られることなく生きることができます。

定年退職のことを「リタイア」といいますが、セミリタイアは決して働かなくなるわけではありません。収入の不足分を補うために最低限のアルバイトをすることがありますし、資産運用を行って不労所得を得ている人も存在します。

アーリーリタイア(早期リタイア)

アーリーリタイアとは「早期リタイア」のことであり、早期優遇退職制度を利用して定年前に会社を退職することを指します。早期優遇退職制度を利用すると「割増退職金」が支給され、アーリーリタイアをすると多くの退職金を受け取ることが可能です。

アーリーリタイア後は、全く働かずに貯金や資産運用などで生活をする「完全リタイア」と、最低限のアルバイトをする「セミリタイア」のどちらかのライフスタイルを選べます。

【年代別】セミリタイアに必要な資産や貯金はいくら?

年代 必要な資産や貯金の目安
30代 1,500〜2,000万円
40代 3,000〜4,000万円
50代 年間生活費 ×(70 – セミリタイアの年齢)+1000万円

30代の場合

30代でセミリタイアをする場合は、1,500〜2,000万円程度の貯金が必要です。30代は気力や体力が充実しているため、生活費が不足する場合はアルバイトをすることで不足分を補えます。

また、30代は資産運用を始めるのに最適な年代であり、株式投資や投資信託などで資産運用をすると、生活費の不足を不労所得で補うことが可能です。そのため、30代は貯金が1,500〜2,000万円程度であっても、悠々自適なセミリタイア生活を送れます。

セミリタイア生活の資金として1,500〜2,000万円程度を確保するには、毎月20〜23万円程度の貯金をすると6〜8年で貯まります。30代でセミリタイアをしたい人は早めに貯金を始めておきましょう。

また、30代の資産運用の特徴が知りたい方は「【30代の資産運用】おすすめの金融商品や独身と既婚の運用方法を紹介!」もぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
【30代の資産運用方法】おすすめの金融商品やポートフォリオ!人気の資産形成法や投資手法を紹介! 【30代の資産運用のポイント】 30代は長期投資を始めるのに最適な年代であり、将来を見据えた資産運用の計画を立てて実行に移しましょう。資産運用は早く始めるほど有利...

40代の場合

40代でセミリタイアをする場合は、3,000〜4,000万円程度の貯金が必要です。40代で家庭を持っている人は子供の教育費などで出費がかさむため、30代よりも多めの貯金が必要になってきます。

40代になると体力が30代よりも低下するため、体力勝負のアルバイトをすることが困難になってきます。そのため、40代でセミリタイアをするには不労所得を得ることが極めて重要であり、資産運用をして不労所得を得ることを検討しましょう。

セミリタイア生活の資金として3,000〜4,000万円程度を確保するには、毎月25万円程度の貯金を行い、不足分は資産運用でカバーすると10年程度で貯まります。

50代の場合

50代でセミリタイアをする場合は、「年間生活費 ×(70 – セミリタイアの年齢)+1,000万円」で算出した金額が必要です。58歳で毎月の生活費が20万円の場合だと3,880万円、生活費が15万円の場合だと3,160万円が必要になってきます。

ただし、子供がすでに成人しているケースも多い50代になると、生活の中での支出が減ることもあり、実際には貯金3,000万円程度でもセミリタイアできることがあります。

50代になるとアルバイトは限定されるため、不労所得を得る方法を検討するのがおすすめです。50代である程度の資産を持っている人は、NISAや投資信託など簡単にできる資産運用を始めましょう。

セミリタイア生活の資金として3,000〜4,000万円程度を確保するには、40代と同様に毎月25万円程度の貯金を行い、不足分は資産運用でカバーすると10年程度で貯まります。

また、貯金3,000万円でセミリタイアできるかどうか知りたい方は、「貯金3,000万円でセミリタイアできる?できる人の特徴や注意点を紹介!」もぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
貯金3,000万円でセミリタイアできる?できる人の特徴や注意点を紹介! セミリタイアとは、完全なリタイア(完全引退)する前の段階で、働く時間や日数を大幅に減らして、より自由な時間を楽しむライフスタイルを指します。多くの人が夢見る...

セミリタイアするメリット

セミリタイアするメリット

自分の時間が増える

セミリタイアをすると自分の時間を増やすことができ、趣味や旅行、起業など自分がやりたいことにチャレンジできます。会社勤めをしていると1日の大半を会社に拘束されますが、セミリタイアをすると24時間を好きなように使えます。

24時間の使い方は自分で自由に決められますので、セミリタイアをすると自分が理想とするライフスタイルが実現します。理想とするライフスタイルがある場合は、セミリタイアを検討すると良いでしょう。

どこにでも住むことができる

セミリタイアをすると、どこでも好きな場所で暮らすことが可能です。日本国内はもちろん、海外に移住することもできますので、セミリタイアをすると海外生活の夢が実現します。

また都会暮らしを辞めて、自然豊かな田舎暮らしを始める人も多くいます。田舎暮らしは生活費がそれほどかからないため、セミリタイア生活をするのに向いています。

実際に好きな場所で仕事をするノマドワークを始める人も増えており、日本全国を移動しながら仕事ができます。

精神的なゆとりが生まれる

精神的なゆとりが生まれることは、セミリタイアをするうえでの大きなメリットです。過酷な仕事内容や職場の人間関係などで悩んでいる人は、セミリタイアをすることで仕事のストレスから解放されます。

セミリタイアをすると贅沢な暮らしはできなくなりますが、精神的に充実した日々を送れます。お金を儲けて物質的な欲望を満たすよりも、本当にやりたいことをやって精神的な充足を求める人にセミリタイアは向いています。

セミリタイアするデメリット

社会的信用がない

セミリタイアのデメリットとして、社会的信用が低下することが挙げられます。社会的信用が低下することで、クレジットカードの審査や住宅ローン審査が通りにくくなり、お金を借りることが難しくなります。

仕事を全くしていなければ身分は「無職」になってしまうため、賃貸住宅を借りることも難しくなるでしょう。セミリタイアをする際は住まいを確保することが重要になってきますので、持ち家があることが望ましいです。

再就職が難しくなる

一度セミリタイアをしてしまうと、再就職が難しくなることはセミリタイアのデメリットです。セミリタイア後に想定外の出費が増え、どこか働ける就職先を探そうと思っても、年齢やこれまでのキャリアによっては再就職先が見つからない可能性があります。

30代であればまだ再就職できる可能性は高いですが、年齢が上がるほど希望の条件で再就職をすることが難しくなりますので、40代以上の方は特に注意が必要です。再就職が難しい40代・50代の方は、資産運用などで不労所得を得ることが大切になってきます。

余裕のある生活はできないケースもある

セミリタイアをすると、貯金の金額によっては余裕のある生活ができないケースがあります。セミリタイアをすると収入が減少するため、節約をして質素な生活を送ることを覚悟しなければなりません。

先に紹介した必要な資産や貯金額は、セミリタイア後に最低限の生活を送るために必要となる金額です。お金がかかる趣味がある方や余裕のある生活がしたい方は、より多くの資産や貯金を蓄えておくようにしましょう。

また、セミリタイアをして失敗したと感じる理由や良くあるパターンについて知りたい方は「【セミリタイアの失敗例】失敗しないための3つのポイント!」もぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
【セミリタイアの失敗例】失敗しないための3つのポイント! 【セミリタイアで失敗する人は多い?】 セミリタイアとは、フルタイムで働くことを辞めて、貯金や資産運用、アルバイトなどで生活をするライフスタイルのことを指します...

セミリタイアするには資産運用を始めよう!

安定したセミリタイア生活を送るには、資産運用をして不労所得を得ることが重要になってきます。不労所得が毎月15〜20万円程度あると安心できますし、精神的にも余裕が生まれます。

不労所得で月15万円(年180万円)を得るには、2,000万円の資産を利回り9%、3,000万円の資産を利回り6%で運用すれば達成できます。安心してセミリタイアをするためにも、できる限り早く資産運用を始めましょう。

資産運用にはどのような種類があるか、その特徴も知りたい方は「資産運用とは?運用方法や投資種類の特徴をわかりやすく解説!」をぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
資産運用とは?投資種類の比較一覧!運用方法ごとの商品特徴をわかりやすく簡単に解説! 【資産運用とは?意味をわかりやすく簡単に解説】 資産運用とは、自分が現在持っている資産を運用して増やすことを指します。資産運用は、元本を減らさずに貯めることに...

セミリタイアのための資産や貯金を効率良く貯めたい方は?

ここまで見てきた通り、セミリタイアをすると好きな場所に住めたり、会社による時間の制約がなくなるなどさまざまなメリットがあります。また、セミリタイアをするにはある程度まとまった資金を準備することが重要です。

「セミリタイアに向けて、本業以外にも投資をして、効率良く資金を貯めたい」という人も少なくありません。

そんな方は、ぜひヘッジファンドダイレクトにご相談ください。ヘッジファンドダイレクトでは、投資のプロが目標利回り10%で資産運用しているので、セミリタイアに向けて効率良く資金を貯めたいというお客様のニーズをサポートします。

資産運用について何かお悩みですか?
そのお悩み、世界トップクラスのヘッジファンドなら解消できるかもしれません

ヘッジファンドダイレクトは2,000万円からの海外トップクラスのヘッジファンドへの投資のアドバイスをしています。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

安心できるヘッジファンド投資はヘッジファンドダイレクトへ

ヘッジファンドダイレクト

ヘッジファンドダイレクトは2,000万円からの海外トップクラスのヘッジファンドへの投資のアドバイスをしています。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

安心できるヘッジファンド投資はヘッジファンドダイレクトへ

日本の銀行、証券会社では取り扱いのない、実績のある海外ヘッジファンドをご紹介いたします /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

監修:柿本 紘輝(CFP証券アナリスト協会検定会員
業界最大手の投資助言会社ヘッジファンドダイレクト株式会社が運営。
富裕層向けに投資助言契約累計1361.3億円(2022年12月末時点)。
当社の認定ファイナンシャルプランナー(CFP、国際資格)、証券アナリスト(CMA)が監修して、初心者にも分かりやすく、良質な情報をお届けしています。

ヘッジファンドダイレクト株式会社
金融商品取引業者 関東財務局(金商)第532号
東京都千代田区丸の内1-8-2鉄鋼ビルディング10F

目次