インデックスファンドの分配金(配当金)とは?仕組みやいつもらえるのかを徹底解説!

インデックスファンドの分配金(配当金)とは?仕組みやいつもらえるのかを徹底解説! コラム
\富裕層の運用の悩みを解決/

インデックスファンドの分配金(配当金)とは?2つの違いを解説!

インデックスファンドで資産運用をしたいと考えている方の中には、分配金(配当金)をどのくらいもらえるのか気になっている方も多いことでしょう。

なお、投資信託のようなファンドの場合、本来は「分配金」という語を用います。しかし、まれに同じ意味で「配当金」という語を用いる場合もあるので、ここでは併記します。

インデックスファンドの分配金は、株式の配当金とよく似た概念であり、両者は混同されることもあります。まずは、その違いを確認しましょう。

項目 配当金 分配金
支払い元 投資対象の会社 ファンドの運用会社
支払い金額 会社の業績に応じて 運用成績に応じて

そもそもインデックスファンドとは何か詳しく知りたい方は「インデックスファンドとは何かわかりやすく解説!意味や運用メリットは?」をぜひ参考にしてください。

インデックスファンドとは何かわかりやすく解説!意味や運用メリットは?
インデックスファンドとは何かわかりやすく解説します。インデックスファンドの意味や、代表的な指数の種類(日経225、TOPIX、NYダウ、S&P500指数など)、運用メリットやデメリットなどを紹介します。記事を読むことで自分がインデックスファンドに取り組むべきかどうかがわかるので、ぜひ参考にしてください。

配当金とは?

「配当」とは、会社が事業によって得られた利益の一部を、資本の出し手(株主)に対して還元することです。株主が株式を保有していると、会社の業績に応じて利益の分配を受けることができます。これを株式の「配当金」といいます。

株式の配当金は、投資対象である会社(企業)が会社の業績に応じて投資家である株主に支払うものです。

分配金とは?

インデックスファンドの分配金とは、運用によって得られた成果を、決算ごとに投資家である投資信託の購入者に分配するものです。

インデックスファンドの分配金は、ファンドの運用成績に応じてファンドの運用会社が支払います。

インデックスファンドの分配金(配当金)の仕組み

インデックスファンドは、株式や債券などの資産に投資しています。その結果、株式からは配当収入を、債券からは利息収入を得ることになります。

また、保有している資産が値上がりすると含み益を抱えることになり、その資産を売却すると売却益を得ることができます。分配金は、これらのファンドの利益を原資として支払われます。

なお分配金は、預貯金の利息のように元本と区別されるものではなく、投資信託の純資産から支払われます。そのため、分配金が支払われると、その分基準価額は下がることになります。

インデックスファンドの分配金(配当金)の種類

分配金は、普通分配金と特別分配金(元本払戻金)に分けることができます。両者は、分配の仕組みや税金の有無にも違いがあるので、簡単に説明します。

項目 普通分配金 特別分配金
意味 個別元本を上回る部分 個別元本を下回る部分
課税対象 ×

普通分配金

普通分配金とは、投資信託の基準価格が投資者の個別元本を上回った場合に支払われる分配金のことです。

例えば投資信託を10,000円で購入し、運用により基準価格が12,000円になったところで1,500円の分配金を受取った場合、この分配金は普通分配金に該当します。なお、この場合、分配後の基準価格は10,500円になります。

普通分配金は、投資信託を購入した人にとって「利益」になるので、課税対象となります。

特別分配金(元本払戻金)

特別分配金とは、投資信託の基準価格が個別元本を下回った場合に支払われる分配金のことです。

先と同じ商品を11,000円で購入した人にとって、基準価格が12,000円のときに1,500円の分配金を受取った場合、1,000円は普通分配金、500円は特別分配金ということになります。同じく、分配後の基準価格は10,500円になります。

特別分配金は、実質的には元本の払戻しに該当する分配金です。

先の例では、11,000円で購入して特別分配金500円を受け取った結果、基準価格は10,500円になるので、特別分配金を受取っても利益は出ていないことになります。よって、特別分配金は課税対象になりません。

インデックスファンドの分配金(配当金)の相場はどのくらい?

インデックスファンドの分配金(配当金)の相場はどのくらい?

インデックスファンドの分配金の相場はどの程度でしょうか。残念ながら、インデックスファンドの分配金に相場はありません。

インデックスファンドの中には、積極的に分配金を出すタイプのもあります。一方で分配金を全く出さずに、運用によって生じた利益を再投資に回すことで基準価格を増やしていこうとするタイプもあります。

また、定期的に決まった額の分配金を出すファンドもあれば、運用成果に連動した分配金を出すファンドもあります。

このように、商品によって分配金の有無や金額は大きく異なるので、商品ごとに特徴を理解して自分に合ったものを選択することが大切です。

また、インデックスファンドの平均利回りがどのくらいか知りたい方は「インデックスファンドの平均利回りはどのくらい?仕組みや計算方法を解説!」をぜひ参考にしてください。

インデックスファンドの平均利回りはどのくらい?仕組みや計算方法を解説!
インデックスファンドの平均利回りはどのくらいなのでしょうか。インデックスファンドの仕組みや、年率平均利回り(リターン)の計算方法、利回りの実績例なども解説します。記事を読むことで、インデックスファンドの平均利回りがどのくらいか、自分は取り組むべきなのかどうかがわかるので、ぜひ参考にしてください。

インデックスファンドの分配金(配当金)はいつもらえる?

それでは、インデックスファンドの分配金はいつもらえるのでしょうか。

実は、分配金をもらえる時期もファンドによって異なります。分配金をどのタイミングでどの程度出すかについては、運用会社によって定められています。

毎月分配型のインデックスファンドもあれば、年1回、2回、4回、隔月といったペースで分配金を支払うインデックスファンドもあるなど、さまざまなパターンがあります。また既に説明したとおり、分配金を一切払わないタイプの商品もあります。

ご自身の投資目的や投資スタンスに合わせて、最適な分配方式のインデックスファンドを選ぶようにしましょう。

また、インデックスファンドでおすすめの銘柄が知りたい方は「インデックスファンドでおすすめの銘柄!株式や債券、不動産(REIT)に関連する人気商品はどれ?」をぜひ参考にしてください。

インデックスファンドでおすすめの銘柄!株式や債券、不動産(REIT)に関連する人気商品はどれ?
インデックスファンドでおすすめの銘柄がどれか知りたいですか?全世界株式、先進国株式、新興国株式、株式だけでなく債券や不動産(REIT)を組み込んだおすすめのバランス型インデックスファンドのそれぞれについて、おすすめの銘柄や特徴を紹介します。インデックスファンド選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

インデックスファンド以外の資産運用に興味がある方は?

ここまで見てきた通り、インデックスファンドの分配金(配当金)にはさまざまな種類があります。毎月配当が支払われるからと安直にインデックスファンドを選んでしまうと、「ただ元本を払い戻されるだけ」といったケースに陥ってしまう場合があります。

そのような失敗を避けるためにも、インデックスファンドの中から商品を選択することにこだわるのではなく、インデックスファンド以外の資産運用に目を向けてみると良いでしょう。

そのような方は、ぜひヘッジファンドダイレクトにご相談ください。ヘッジファンドダイレクトでは、インデックスファンド以外にもさまざまな金融商品を取り扱っており、投資家のニーズに合わせた最適な商品を紹介しているので、納得できる資産運用をサポートします。