MENU

【ヘッジファンド投資をお考えの方へ】
0120-104-359
平日 10時~19時

ヘッジファンドダイレクト

ヘッジファンドをポートフォリオに組み入れる際の注意点とは?

目次

ヘッジファンドとは

「富裕層にのみ投資が可能で、世界の優秀なファンドマネージャーに運用を任せることができる」という点がヘッジファンドのメリットです。

相場に関係なく絶対収益を目標とし、株や債券といった伝統的資産とは異なる値動きをすることからポートフォリオに組み入れることで高い分散効果が期待できます。

また、ヘッジファンドとは何かを詳しく知りたい方は「ヘッジファンドとは何か簡単に解説!投資信託との意味の違いは?」をぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
ヘッジファンドとは何か簡単に解説!投資信託との意味の違いは? ヘッジファンドという言葉を耳にすることはあっても、その具体的な内容や投資信託との違いについて詳しく知る機会は少ないかもしれません。この記事では、ヘッジファン...

今回は、実際にヘッジファンドに投資してポートフォリオに組み入れる際の考え方や注意点を解説します。

ヘッジファンドをポートフォリオに組み入れるメリット

ヘッジファンドは投資家とファンドマネージャーの利害が一致する仕組みを導入しており、優秀なファンドマネージャーに資金運用を任せることで相場に関係なくリターンを狙うことが可能です。

ヘッジファンド単体でも投資する価値は高いですが、ポートフォリオ全体で考えるとさらなる3つのメリットが明らかになります。

  1. リスクリターンの底上げ
  2. 高い分散効果により、安定的な運用が可能
  3. 自分ならではのポートフォリオを構築できる

順に見ていきましょう。

リスクリターンの底上げ

世界トップクラスのヘッジファンドは、リスクを抑えながらも高リターンの運用を実現しています。ポートフォリオにヘッジファンドを組入れることで、ポートフォリオ全体の期待リターン/リスクの比率を改善させる効果が期待できます。

2008年1月~2020年6月

高い分散効果により、安定的な運用が可能

リーマンショックやコロナショックといった相場の暴落局面では、株や債券といった伝統的資産はほぼ例外なく下落します。運用に厳しい規制があり空売りなどのポジションが制限されている投資信託では、どんな資産に投資しようとその大半が下落してしまうでしょう。

一方ヘッジファンドは、自由な運用ができるためその値動きは伝統的資産とは大きく異なります。暴落局面でこそ真価を発揮するヘッジファンドも多く、ポートフォリオの価格下落リスクを抑制し、安定的な運用を行うことが可能になります。

自分ならではのポートフォリオを構築できる

ヘッジファンドは、証券会社や銀行では購入できません。その優秀さは徐々に広まっていますが、ヘッジファンドに投資している日本人の個人投資家はまだ少ない段階です。他の人と同じ資産に投資することは簡単ですが、得られる運用成果も似通ったものになるでしょう。

ヘッジファンドを組入れることで自分ならではのポートフォリオを構築することが出来、「周りが儲かっていないのに自分だけ儲かっている」といったような状況を生み出すことも期待できます。

2008年1月~2020年6月

ヘッジファンドをポートフォリオに組み入れる手順

目標の設定

老後の生活資金やご子息の学費など、まずは資産運用のゴールをイメージします。なんとなくの目標でも構いませんが、「10年後に2倍」など期間金額を決めるとその後の流れがスムーズになります。

例えば、1億円を投資し10年後の2億円を目標にすると、年率の平均リターンは7.18%以上である必要があります。

アセットアロケーションや運用スタイルの決定

まずは自分の資産構成を把握し、自分の目標を達成することが可能なポートフォリオになっているか分析します。

積極的な運用を目標としたにも関わらず円預金や債券の割合が高かったり、安定的に運用する必要がある資金をリスクの高い株式にしてしまっていたり、といったように適切でないポートフォリオになってしまっている方がほとんどだと思います。

よくあるポートフォリオとして下記のような4分割のポートフォリオが挙げられますが、期待リターンは年率5.0%であるため「10年で2倍を目指す」場合は期待リターンが足りません。そういった場合は不適切なポートフォリオになります。

Portfolio Chartsより作成

ヘッジファンドの種類の決定

運用目標や伝統的資産の配分により、どのようなヘッジファンドを組み入れるべきかは変わります。

資産の多くを株式に割り当てるポートフォリオの場合は株式と組み合わせ効果の高いヘッジファンド、債券に多く投資するなら債券リラティブバリュー戦略、分散投資を行うことで資産全体の期待リターンを高めるならファンドオブファンズ型ヘッジファンド等が簡単な例になります。

『ヘッジファンドおすすめ3選!タイプ別に紹介』で具体的なニーズとファンド例を紹介しています。実際のヘッジファンド例はこちらの記事もご参照ください。

あわせて読みたい
ヘッジファンドおすすめ3選!タイプ別に紹介 ヘッジファンドは、その運用の自由度の高さや、専門家による緻密な運用戦略により、安定した運用実績を持つものが多いため、多くの投資家から注目されています。特に、...

過度に分散させすぎるとお互いの値動きを打ち消してしまい、かえって逆効果になることもあります。ポートフォリオ全体のバランスや各資産の関係などを理解することが大切です。

ヘッジファンドの選定

ここでようやく実際に投資するヘッジファンドの選定を行います。

ヘッジファンドを比較する際は運用手法や投資対象、どのようなリスクがあるかというところを調べることになります。

ヘッジファンドも玉石混交で、世界トップクラスの実績を長年残しているファンドもあればパフォーマンスのよくないファンドもあります。自分のポートフォリオに合うファンドの中で長期間の運用実績等を比較し、できるだけよいファンドに投資することが大切です。

ヘッジファンドを組み入れる際の注意点

簡単な流れはここまでの通りになります。

自分で様々なデータを分析してポートフォリオを決定することは非常に大変なので実際には専門家のコンサルティングを受けながら決めていくことになるかと思いますが、いくつか注意点があります。

自分の運用に合わないヘッジファンドに投資してしまう

ヘッジファンドにより運用戦略やリスク・リターンが大きく異なることはもちろん、効率的な運用を行うためにロックアップ期間を設けているファンドもあります。投資してから3年間は資金を引き出せないファンドや現金化に半年かかるファンドなどヘッジファンドによって様々な条件があるため、よく確認してから投資する必要があります。

詐欺ファンドに投資してしまう

ヘッジファンドを騙って勧誘している詐欺案件に投資してしまうことは何としても避ける必要があります。こちらの記事で見抜き方を簡単にご紹介していますが、「元本保証」「分配金」等の謳い文句が出てきたら詐欺を疑ってください。

優秀でないヘッジファンドに投資してしまう

ヘッジファンドは広告を制限されており、情報を得ることが難しい商品です。証券会社の一部にはファンドラップを通してヘッジファンドに投資できると紹介しているところもありますが、組み入れヘッジファンドを見る限りでは世界の優秀なヘッジファンドを選択できているとは言い難い状態です。

また超富裕層を相手にするプライベートバンクでもヘッジファンドへの投資は可能ですが、あまりヘッジファンドに詳しくないプライベートバンクもあるようです。

海外の優秀なヘッジファンドの専門家に相談することが良いでしょう。自分に最適なヘッジファンドをポートフォリオに組み込むことが可能になります。

ヘッジファンドに「全振り」はデメリットも

今回は、ポートフォリオにヘッジファンドを組み入れる流れや注意点について解説しました。

資産の大部分をヘッジファンドに任せることで効率的な運用に期待することも可能です。複数のヘッジファンドを組み合わせることで自分の行いたい運用に近づけることもできますが、資金が必要になった時にすぐに対応できないといったデメリットもあります。

流動性の高い資産もある程度保有しておく必要はありますが、ポートフォリオにヘッジファンドを組み入れることで、期待リターンの底上げ分散効果の確保など様々なメリットが期待できます。

「ヘッジファンドへの投資に興味があるけれど、自分のやりたい運用がわからない」という方も少なくありません。

そんな方は、ぜひヘッジファンドダイレクトにご相談ください。

ヘッジファンドダイレクトではお客様一人ひとりとしっかり向き合い、納得できるまでポートフォリオの相談ができます。あなたの考えている以上の資産運用を実現することが可能です。

資産運用について何かお悩みですか?
そのお悩み、世界トップクラスのヘッジファンドなら解消できるかもしれません

ヘッジファンドダイレクトは2,000万円からの海外トップクラスのヘッジファンドへの投資のアドバイスをしています。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

安心できるヘッジファンド投資はヘッジファンドダイレクトへ

ヘッジファンドダイレクト

ヘッジファンドダイレクトは2,000万円からの海外トップクラスのヘッジファンドへの投資のアドバイスをしています。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

安心できるヘッジファンド投資はヘッジファンドダイレクトへ

日本の銀行、証券会社では取り扱いのない、実績のある海外ヘッジファンドをご紹介いたします /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

監修:柿本 紘輝(CFP証券アナリスト協会検定会員
業界最大手の投資助言会社ヘッジファンドダイレクト株式会社が運営。
富裕層向けに投資助言契約累計1361.3億円(2022年12月末時点)。
当社の認定ファイナンシャルプランナー(CFP、国際資格)、証券アナリスト(CMA)が監修して、初心者にも分かりやすく、良質な情報をお届けしています。

ヘッジファンドダイレクト株式会社
金融商品取引業者 関東財務局(金商)第532号
東京都千代田区丸の内1-8-2鉄鋼ビルディング10F

目次