MENU

【ヘッジファンド投資をお考えの方へ】
0120-104-359
平日 10時~19時

ヘッジファンドダイレクト

ヘッジファンドでよくある失敗パターンを紹介!失敗しないためには?

ヘッジファンドでよくある失敗パターンを紹介!失敗しないためには?

ヘッジファンド投資は、多くの投資家にとって魅力的な選択肢となっています。しかし、ヘッジファンド投資で成功するためにはリスクを理解し、適切な戦略を採用することが不可欠です。この記事では、ヘッジファンド投資でよくある失敗パターンとその対策について専門家の視点から解説します。

目次

ヘッジファンドでよくある失敗パターン

ヘッジファンドとは、投資家から預かった資金を元に、株式や投資信託などさまざまな金融商品に分散投資して利益を得る運用方法です。

ヘッジファンドは最低購入金額が1,000万円などと高く設定されており、一部の投資家しか購入できない商品です。しかしその条件さえ満たせば、リスクを分散しながら、市場が上昇しているときはもちろん、下落の時も利益を狙っていける商品です。

そんな魅力的なヘッジファンドですが、資産運用なので当然リスクが伴い、過去には失敗した事例もみられています。そこで今回は、過去にはどんなヘッジファンドでの失敗があったのか、失敗するときのパターンをいくつかご紹介しましょう。

また、そもそもヘッジファンドとは何か詳しく知りたい方は「ヘッジファンドとは何か簡単に解説!投資信託との意味の違いは?」をぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
ヘッジファンドとは何か簡単に解説!投資信託との意味の違いは? ヘッジファンドという言葉を耳にすることはあっても、その具体的な内容や投資信託との違いについて詳しく知る機会は少ないかもしれません。この記事では、ヘッジファン...

詐欺案件に投資してしまう

ヘッジファンドとして勧誘している詐欺案件に投資をしてしまうと、もちろん運用は失敗に終わります。「私は騙されない」と思っていても、詐欺案件はとても巧妙で分りづらいものです。

ただし、以下の4つのポイントを押さえておけば、詐欺案件を回避できる可能性が高くなるので、ぜひ押さえておいてください。

①「元本保証です」
②「毎月必ず配当が貰えます」
③「必ず儲かります」
④「誰かを紹介してくれたら紹介料をお支払いします」

このようなフレーズで金融商品を勧められたら、まず詐欺を疑ってください。そもそも投資に「必ず」や「絶対」はありません。

実際、過去にいくつかの詐欺事件がありました。その中でもポンジスキームを使った「バーナード・マドフ事件」が有名です。

ポンジスキームは投資家からただ資金を集めるだけで実際には運用を行いません。新規の投資家から募った資金を、以前からの投資家に「配当金」などと偽って渡すだけの悪質なスキームです。

2008年12月11日に、アメリカの実業家であるバーナード・マドフがヘッジファンド詐欺の罪でFBIに逮捕されました。30年間も人を騙し、被害総額は650億ドル(約7兆円)と過去最大の詐欺事件と言われています。

■マドフファンドに3倍のレバレッジをかけていたファンドの実績

マドフファンド
マドフファンドに3倍のレバレッジをかけていたファンドの実績。月次ベースの勝率が94%と、類似のファンドに比べても極端にプラスの月が多かったことから、一部のレポートではずいぶん前から警告が行われていた。

このような事例も見られているため、ヘッジファンドを勧められた場合には、先ほど述べた4つのフレーズで勧誘されなかったかどうか、ポンジスキームを利用した詐欺案件ではないかを疑うようにしましょう。

ヘッジファンドランキングに要注意

近年、口コミを装ってヘッジファンドランキングを作成、または作成を依頼して、大きな金額がなくなってしまう事件が多く散見されます。キャロライナパートナーズやファインドエッジなどはその例ですが、近年も読売新聞の「起業に便利な「合同会社」、不当な出資勧誘に悪用…「連絡取れない」トラブルも」という記事で取り上げられていますが、合同会社の出資によるトラブルが多くみられます。

通常ヘッジファンドは「個人のみを相手」にすることはあまりありません。通常は大口の機関投資家や富裕層からシードマネーを調達し、その後、規模が拡大するにつれ、投資家の属性の多様化のために一部個人投資家の資金を受け入れるようになります。機関投資家の資金が入っていない時点で、個人投資家にとってはリスクの高い投資であると認識するべきでしょう。

余剰資金を超えて投資してしまう

「運用するなら余剰資金でしましょう」とよく言われる通り、ヘッジファンドでも同様に余剰資金を超えての運用は避けましょう

ヘッジファンドを解約するには「45日ルール」といわれるものがあります。顧客にいつでも解約されてしまうと運用に支障が出るため、ヘッジファンドの4半期決算の45日前に解約申請をしなくてはならないという決まりです。

実は多くのヘッジファンドは45日前に通知が必要なファンド自体は多くありませんが、実際に解約手続きしてから着金まで1、2か月かかることはよくあるため、緊急の資金には向きません。

このことから、余剰資金を超えてヘッジファンドに投資をしてしまうと、病気や教育費などで急な資金が必要になった場合にお金が足りないという事態に陥ってしまうことが考えられます。

たしかにヘッジファンドは、プロに資産運用を任せることで、相場に左右されずに利益が狙える魅力的な運用方法ですが、換金性が低いというデメリットもあります。仮に一時的に損失がでても日常生活に影響がない程度の、余剰資金の範囲内で始めることが大事です。

ヘッジファンド自体が損失を出してしてしまう

資産運用が失敗するケースとして、ヘッジファンド自体が損失を出してしまうこともあります。運用のプロと言えども確実に利益を出すことは難しいので、運用に失敗して損失を出してしまうケースです。

代表的な事例は「LTCM破綻」です。LTCM(ロングターム・キャピタル・マネジメント)はマーケットにおいて、デリバティブ(金融工学)を駆使したヘッジファンドです。ソロモンブラザーズ中興の祖のたジョン・メリウェザーが運用し、当時ノーベル経済学賞を取ったマイロン・ショールズとロバート・マートンを運用チームに組み入れたスター軍団した。

当初の運用手法は、割安と判断される債券を大量に購入し、反対に割高と判断される債券を空売りする「リラティブバリュー戦略」というものでした。

そして債券取引においては、利益が非常に低いのでレバレッジを数十倍にも掛けてた積極的な運用をしていました。平均利回りは年間40%を突破し、最盛期には1,000億米ドルを運用するまでになりました。

あまりに好調な実績により、次第に同業他社が運用戦略を真似たことから、割安な債券と割高な債券のサヤが小さくなり、リターンを維持するため、従来よりもよりレバレッジを取った運用に移行していきました。

設立以来右肩上がりだった運用が、1997年に発生したアジア通貨危機やロシア危機が状況を一変させました。あらゆる対策を練るも、その予想は完全に外れ、ついにはLTCMはマイナスをー44%に拡大し、解約が殺到したためファンドは閉じられました。

ヘッジファンドには運用戦略毎に異なったリスクを取っているため、常に「最悪のケース」を想定して心構えしておくことが大切です。とくに高いリターンを上げているファンドは、その分高いリスクを負っていることは十分認識しておく必要があります。

ヘッジファンドで失敗しないためのポイント

ヘッジファンドで失敗しないためのポイント

ここまでヘッジファンドでの失敗例をいくつか紹介してきました。しかしヘッジファンドは分散投資することでリスクを減らし、下落相場でも利益を追及できる魅力的な投資です。次に、ヘッジファンドで失敗しないためのポイントをご紹介しましょう。

適切にリスクヘッジする

ヘッジファンドでは、適切にリスクヘッジすることが大切です。どんなに良い投資先があったとしても、元本保証のない金融商品であることは知っておく必要はあります。

投資を考えるときは、まずは自分の運用期間、運用目的に適した資産配分を考え、その上で単体ではなく複数の商品を選定することが大切です。その組み合わせがポートフォリオです。

どのような商品の組み合わせでポートフォリオを組んでいくのか、「攻め」と「守り」のバランスを考慮して、リスクヘッジをしながら運用することが大切です。

定めたルールを守って運用している

ヘッジファンドを運用するには、あらかじめ定めた「マイルール」を守って運用することが大切です。わかりやすいのが「何%プラスになったら利益確定をして、何%マイナスになったら損切りをする」と自分の中でルールを決めておくことです。

これは取っているリスク毎に替える必要があります。ハイリスクハイリターンのファンドは一時的には大きなマイナスも覚悟する必要があります。

これは人間の潜在意識に関わる部分なので、意識的にコントロールする必要があります。マイルールを作り、それに従い淡々と運用することで、失敗を最小限に止めることができます。

運用の基本は長期投資ですので、長期投資を前提に、自分でどのような場合に手じまうかなどはあらかじめ決めておくのが良いと思います。

余剰資金で資産運用する

先ほどもご紹介しましたが、ヘッジファンドは余剰資金で運用しましょう。余剰資金とは、投資に使える「余裕資金」のことであり、万が一目減りしてしまっても当面の生活に影響を与えないお金になります。

今は健康でも、将来的にケガや病気になって働けなくなるリスクはありますので、普段の生活費やいざというときの蓄えは運用せずに保有しておく必要があります。

余剰資金の計算方法ですが、会社員の場合は「月収(手取り) × 6か月分程度」、自営業の場合はそれよりも多めに余裕を見ておきましょう。

信頼できるヘッジファンドに依頼する

ヘッジファンド投資を行う際には、会社自体がしっかりしていて信頼できることが重要です。ゲートキーパーと呼ばれる投資助言会社などを利用して、マネージャーの運用方針や過去の実績など、できる限りリサーチするようにしましょう。

ヘッジファンドは私募の商品なので、もしかすると情報収集が難しいケースもあるかもしれません。

しかし自分の大きな資金を運用することになるので、何人かのファンドマネージャーと直接面談をするなど、慎重に投資先を選定しましょう。いくつか見た中で最も信頼できると感じたヘッジファンドに依頼すれば、納得感をもって投資ができるでしょう。

また、他の資産運用での失敗例についても知っておきたい方は「資産運用によくある失敗例や失敗談!借金など失敗しないためのポイント紹介!」も参考にしてください。

あわせて読みたい
資産運用によくある失敗例や失敗談!借金など失敗しないためのポイント紹介! 資産運用は、多くの人々が資産を増やすための手段として取り組んでいますが、その道のりは必ずしも平坦ではありません。過去には、誤った投資判断や情報不足から大きな...

信頼できるヘッジファンドが知りたい方は?

ここまで見てきた通り、ヘッジファンドはさまざまな商品に分散投資をして効率的に利益を追求する魅力的な商品です。運用をプロに任せているので、自分で株価の動きを注視する必要もありません。

一方で、どのヘッジファンドを選べば良いのか、どんな条件なら自分が納得できるのかわからないという人も少なくありません。

そんな方は、ぜひヘッジファンドダイレクトにご相談ください。ヘッジファンドダイレクトでは、1,000万円以上の資産をお持ちのあなたの投資目標やニーズに合致した理想的な商品を紹介しているので、納得できる資産運用をサポートします。

>>実績のある世界的に著名なヘッジファンドに投資するためヘッジファンドダイレクトに相談する

資産運用について何かお悩みですか?
そのお悩み、世界トップクラスのヘッジファンドなら解消できるかもしれません

ヘッジファンドダイレクトは2,000万円からの海外トップクラスのヘッジファンドへの投資のアドバイスをしています。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

安心できるヘッジファンド投資はヘッジファンドダイレクトへ

ヘッジファンドダイレクト

ヘッジファンドダイレクトは2,000万円からの海外トップクラスのヘッジファンドへの投資のアドバイスをしています。

ヘッジファンドに関するご質問、当社サービスの料金体系、既存の金融商品からの乗り換えのご相談など、少しでもご興味をお持ちであればお気軽にお問合せください。喜んで承らせていただきます。

安心できるヘッジファンド投資はヘッジファンドダイレクトへ

日本の銀行、証券会社では取り扱いのない、実績のある海外ヘッジファンドをご紹介いたします /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

監修:柿本 紘輝(CFP証券アナリスト協会検定会員
業界最大手の投資助言会社ヘッジファンドダイレクト株式会社が運営。
富裕層向けに投資助言契約累計1361.3億円(2022年12月末時点)。
当社の認定ファイナンシャルプランナー(CFP、国際資格)、証券アナリスト(CMA)が監修して、初心者にも分かりやすく、良質な情報をお届けしています。

ヘッジファンドダイレクト株式会社
金融商品取引業者 関東財務局(金商)第532号
東京都千代田区丸の内1-8-2鉄鋼ビルディング10F

目次