退職金運用にヘッジファンドがおすすめな5つの理由!注意点や向いていない人の特徴も紹介!

退職金運用にヘッジファンドがおすすめな5つの理由!注意点や向いていない人の特徴も紹介! コラム
\富裕層の運用の悩みを解決/

退職金を運用したい方はヘッジファンドがおすすめ

退職金を手にした後は、そのまとまったお金をどうするか決めていますか?今の日本においては、退職金を銀行に預けても利息は0.001%程度しかつきません。

そこで、効率的に資産を増やしたいと考えている方は、退職金を元手にして資産運用で増やすことをおすすめします。資産運用をすると銀行金利を上回る利回りで運用でき、さらに資産を増やせる可能性があります。

また資産運用の方法として、株式投資や不動産投資、投資信託での運用などがありますが、退職金を運用するならヘッジファンドがおすすめです。ヘッジファンドは銀行金利の約10,000倍の年率10%を超える高利回りが期待でき、退職金を増やすことに貢献します。

そもそもヘッジファンドとは何か詳しく知りたい方は「ヘッジファンドとは何か簡単に解説!投資信託との意味の違いは?」をぜひ参考にしてください。

ヘッジファンドとは何か簡単に解説!投資信託との意味の違いは?
ヘッジファンドとは何か知りたいですか?ヘッジファンド(私募投信)と投資信託(公募投信)の意味の違いを簡単に解説します。さらにヘッジファンドで運用するメリットやデメリット、おすすめな投資家の特徴について詳しく説明するので、ぜひ参考にしてください。

また、退職金を運用する必要性に関して詳しく知りたい方は「退職金は運用しないといけない?iDeCoの登場で自分で資産運用するのが前提に?」をご覧ください。

退職金は運用しないといけない?iDeCoの登場で自分で資産運用するのが前提に?
退職金は運用しないといけないといけないのでしょうか?iDeCoの登場で自分で資産運用するのが前提になってきているこの時代において、退職金運用をしないメリット・デメリットやリスクを紹介します。さらに、退職金を運用すべき人・しなくても良い人の特徴も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

退職金運用でヘッジファンドがおすすめな理由

ここからは、ヘッジファンドが退職金の資産運用に最適な理由を見ていきましょう。

運用のプロが10%の利回りを目指して運用

退職金の運用にヘッジファンドがおすすめな理由は、資産運用のプロが絶対収益で10%の利回りを目指して運用するからです。ヘッジファンドは「絶対収益追求型」のファンドであり、あらゆる手段を駆使することで下落相場でも収益が狙えます。

通常の金融商品の場合、リーマンショックやコロナショックなどの世界的な不況が起こると大きく打撃を受けてしまいます。一方で絶対収益追求型のファンドであれば、他のファンドでは損失が発生してしまうような局面でも、利益の獲得を目指せるのが強みです。

ヘッジファンドは「ロングショート戦略」や「グローバルマクロ戦略」など、あらゆる専門的な投資手法に長けており、特に「空売り」を得意としています。空売りは下落相場で威力を発揮し、急落相場や暴落相場でも大きな利益の獲得を狙えます。

投資家と運用会社の利害が一致している

ヘッジファンドは、投資家と運用会社の利害が一致していることが、投資家側の大きなメリットです。利害が一致しているので、担当するプロのファンドマネージャーは本気で収益を狙って運用し、高収益を上げることにつながっています。

ヘッジファンドのビジネスモデルは、運用金額の2%と投資家の利益の20%が運用会社に成果報酬として入るのが一般的です。好成績を達成したファンドマネージャーには高額なボーナスが支給されるため、プロのファンドマネージャーは自身のためにも収益を狙いにいきます。

例えば1億円の資産を1億1,000万円に増やすと、投資家の利益は800万円、運用会社の利益は200万円になり、投資家も運用会社も大きな利益を獲得できます。(数字は概算)

一方の投資信託は、運用実績にかかわらず取引回数に応じて手数料をもらうビジネスモデルのため、ヘッジファンドほど投資家の利益を出すことに執着していません。特に信託期間が満了に近づくと運用が疎かになりやすく、投資家は損失を被るケースもあります。

退職金で「最低預入金額1,000万円以上」をクリアできる

ヘッジファンドは「最低預入金額1,000万円以上」という条件が一般的ですが、退職金をもらった直後であれば条件をクリアできているケースが多いです。ヘッジファンドは誰でも購入できるわけではなく、ヘッジファンドを購入できることは大きなチャンスです。

ファンドには「公募ファンド」と「私募ファンド」があり、ヘッジファンドは私募ファンドに該当します。私募ファンドは限られた富裕層向けの金融商品であり、一般的な投資信託よりも有利な条件で資産運用ができます。

深い投資知識がいらない

ヘッジファンドは運用をプロに任せられるため、深い投資知識がない方でも始めやすいです。投資の経験や専門知識がなければ、退職金を自分で運用するにはハードルが高いですが、ヘッジファンドなら投資の経験や専門知識は一切不要です。

例えば、株式投資やFXで資産運用をして利益を出せるようになるには、時間をかけて投資の勉強をしなければなりません。一方で、ヘッジファンドなら運用をプロに任せられるので、時間をかけて投資の勉強をする必要はなく、勉強の手間や時間、労力が省けます。

自分で運用する時間がいらない

ヘッジファンドで退職金を運用すると、自分で運用する時間が省けるため、空いた時間を自由に過ごせます。「退職金をもらったあとは、自分の趣味に時間を使ってゆったりとした生活を送りたい」と考える方が多いですが、ヘッジファンドならその希望が叶います。

例えば株式投資の短期取引やFXなどは、取引時間中は値動きを注視しなければならず、1日の大半を取引に費やす人も多いです。ヘッジファンドであれば自分で実際に運用する時間がいらないので、大切な時間を有効活用できるでしょう。

退職金をヘッジファンドで運用する際の注意点

退職金をヘッジファンドで運用する際の注意点

退職金をヘッジファンドで運用する際には、いくつかの注意事項があります。ここからは、ヘッジファンドによる資産運用の注意点を見ていきましょう。

最低預入金額は1,000万円と高い

ヘッジファンドの最低預入金額は1,000万円と高く、投資するハードルは他の資産運用よりも高いです。ヘッジファンドで資産運用をしたくても、1,000万円の資金がなければ購入できず、始められるのは一部の富裕層に限られます。

一般的な投資信託であれば100円~の少額で購入できますが、ヘッジファンドは少額での購入はできません。そのため、退職金などでまとまったお金がある時は、ヘッジファンドで資産運用ができる大きなチャンスです。

実績のある運用会社を選ぶ

ヘッジファンドで資産運用をするのであれば、実績がある運用会社を選ぶことが大切です。ヘッジファンドの運用成績は、運用会社や運用を担当するファンドマネージャーによって大きな違いがあり、実績のない運用会社だと元本割れを起こすリスクがあります。

運用会社を選ぶ際には、過去の運用成績をチェックして、年率10%以上の利回りを達成できているのかを調べましょう。長期にわたって好成績を達成している運用会社であれば、退職金の運用を任せても大丈夫でしょう。

他にも、退職金の運用でおすすめの商品が知りたい方は「退職金の運用方法!銀行の定期預金や保険などおすすめの運用を比較!」も参考にしてください。

退職金のおすすめ運用方法や使い道!銀行の定期預金や保険などを比較!安全性や注意点は?
退職金の運用方法について考えていますか。銀行の定期預金や保険など、おすすめの運用方法を比較して紹介します。また、退職金を運用する上での注意点についても触れていますので、退職金で得た資産を守りながら資産運用で増やしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

退職金運用でヘッジファンドがおすすめな人の特徴

退職金運用でヘッジファンドを選択するのがおすすめな人の特徴としては、以下の3つが挙げられます。

・運用のプロに任せて10%の利回りを狙いたい
・自分と利害が一致している運用会社に任せたい
・投資知識がなくなるべく時間もとられたくない

資産運用のプロに任せて、年率10%以上の高利回りで退職金を運用したい方はヘッジファンドがおすすめです。また、投資の経験や専門知識がなく、時間を有効活用したい方もヘッジファンドが向いています。

退職金を銀行に預けても利息がほとんどつかないことに不満を感じている方も、ヘッジファンドなら効率的に資産を増やせるでしょう。

退職金運用でヘッジファンドがおすすめでない人の特徴

退職金運用でヘッジファンドがおすすめでない人の特徴としては、以下の2つが挙げられます。

・自分の判断で投資したい
・1,000万円の資金が用意できない

自分の判断で資産運用をしたい方はヘッジファンドは向いておらず、自分自身で資産運用をすると良いでしょう。投資の経験や専門知識があれば、株式投資やFX、不動産投資などで退職金を増やせる可能性があります。

また、ヘッジファンドで退職金を運用したくても、1,000万円の資金が用意できない方は運用を始められないことには注意しましょう。

退職金運用に失敗したときのリスクについて知りたい方は「退職金の運用で失敗しないための4つの方法!よくある失敗例とおすすめの相談先!」も参考にしてください。

退職金の運用で失敗しないための4つの方法!よくある失敗例とおすすめの相談先!
退職金の運用で失敗しないための4つの方法について紹介します。退職金運用でよくある失敗例や、失敗するとどうなるか、失敗しないための方法についても解説します。また退職金運用に関するおすすめの相談先についても紹介するので、運用にお困りの方はぜひ参考にしてください。

退職金をヘッジファンドで運用したい方はまずはご相談を

ここまで見てきた通り、ヘッジファンドは最低預入金額が1,000万円と高額な商品です。多くの退職金をもらって老後の生活を豊かにしたいと考えている方には、特におすすめと言えるでしょう。

どのヘッジファンドで運用するか迷っている方は、まずはヘッジファンドダイレクトにご相談ください。ヘッジファンドダイレクトでは、長期運用実績のある優良ヘッジファンドを紹介することで、あなたの理想的な退職金の運用をサポートしています。